<当サイトでは広告掲載をさせてもらってるにゃ>

相撲好きな貴人の正体 民部稲荷 <川越の伝説>第4話

川越の賑やかな商店街、クレアモールにある大きなデパートといえば、丸広百貨店にゃ。 その屋上に神社が祀られてるにゃ。「民部稲荷」だにゃ。 いまの社殿をこしらえた際に、近くからご遷座いただいたとのことで、屋上までは誰でも行けるから、お参りも自由…

魚屋を救ったお稲荷さん 川越・出世稲荷神社 <川越の伝説>第3話

川越の賑やかで長~い商店街・クレアモールを北上していくと、そろそろ熊野神社の参道も近づく右手に「小江戸蔵里」が見えてくる。古い酒蔵なんかを改装した観光施設だにゃ。白壁が眩しくてきれいなところにゃ。 でもって、この蔵里を越えて少し行ったところ…

仙人とうっかり龍神 龍池弁財天 <川越の伝説>第2話

観光の人はだ~れも来ない、川越の地味なスポットのお話にゃ。 川越で一番大きなお寺「喜多院」の門前から、15分くらい歩いた小仙波町の東の端っこに、祠がひとつあるんよ。 「龍池弁財天」という小さな祠にゃ。ちなみに「龍池」の読み方は、正しくないか…

連れてっての鐘 川越・時の鐘にまつわる伝説 <川越の伝説>第1話

川越のシンボルといえば、もうなんといっても「時の鐘」なんにゃけど、この時の鐘にまつわるあまり知られていない面白い昔ばなしがあるので、紹介するにゃ。 名付けて「連れてっての鐘」伝説にゃ。 時は、江戸時代の半ば。川越藩主に秋元喬知(あきもとたか…

バンコク 日本を驚かせた微笑みの仏教 <トラキチ旅のエッセイ>第32話

明治維新後、それまでのいわゆる鎖国をやめ、海外諸国と広くつきあうこととなった日本。 社会のさまざまな人びと、集団、階層、いずれも問わず、海外からもたらされる新しい情報に驚いた。 仏教界も例外ではない。大いに驚いた。 ただし、彼らの驚きは、ほか…

バンコク 帝釈天の造らせたる街 <トラキチ旅のエッセイ>第31話

タイの首都、バンコク。 しかし、その呼び名は主に外国人が使う。 現地では、この都を「バンコク」とは言わない。そのことは、メディアの紹介もあって最近はよく知られている。 バンコクの本当の名は―――、とても長い。 クルンテープ・マハーナコーン―――云々…

川越駅前・あじさいポスト 2024年もきれいに色付く

川越駅前に「あじさいポスト」があるんよ。 トラキチが勝手にそう呼んでいるだけなんにゃけどな(笑) 昨年もここで紹介したんにゃけど、今年もいつもどおり5月末、押し詰まってから色付いてきて、いまピークに向かっているところだにゃ。 真っ赤な郵便ポス…

漢字は読み間違えていい。ヤバいのは意味を変えることにゃ

漢字って、読み間違えると恥ずかしいよにゃ。 たとえば、少し前に、国会議員が「手当」を「てとう」と読んで、ずいぶん馬鹿にされたことがあったよにゃ。 もっと前には、サッカー選手が「清々しい」を「きよきよしい」と読んだ。 にゃけど、そんなのって珍し…

川越・西雲寺。「門前はデパート」の美しいお寺だにゃ

クレアモールにあるお寺 生け垣が囲む参道を進む 歴史はおそらく四百年以上 絵になる鐘楼 般若心経のマニ車 日限(ひぎり)の三体地蔵尊 足もとに佇む石ぼとけ クレアモールにあるお寺 さてさて。 今日、紹介するのは、川越の美しいお寺、西雲寺(さいうんじ…

アユタヤ 美しき廃墟を彷徨う <トラキチ旅のエッセイ>第30話

アユタヤの歴史遺産は、そのほぼすべてが廃墟といっていい。 おびただしい数にのぼる寺院跡は、どれもがすさまじい破壊のあとであり、収奪の終わったのちに残された荒々しい残骸となる。 アユタヤを破壊したのは、ビルマだった(現ミャンマー)。 1752年…

アユタヤ 輝きの大航海時代 <トラキチ旅のエッセイ>第29話

東アジアをゆるがした豊臣秀吉の朝鮮侵攻―――文禄・慶長の役(1592~1598)。 このとき、応戦に忙しい中国・明に対し、遠いインドシナの地から、 「われらに賊どもを迎え撃つ用意あり―――」 名乗り出た国があることをご存知だろうか。 その名を「アユ…

旧水海道小学校 教育の時代の残像 <トラキチ旅のエッセイ>第28話

しばらく以前、政治家の発言により、にわかに有名になった言葉がある。 「米百俵」 出どころは、越後長岡藩士小林虎三郎の逸話となる。 戊辰戦争における敗戦と、その被害による長岡藩の窮状を見かね、支藩である三根山藩が贈った百俵の米。 「助かった。こ…

選挙でわれわれはなぜ変な議員を選んでしまうのか?

さてさて、今日は選挙の話にゃ。 テーマはこれ。 「われわれはなぜ変な議員を選んでしまうのか?」 変 な議員、多いよにゃ? やたらとキレたり、セコかったり……まあ、あんまし例は挙げにゃいけど(笑) でも、考えてみ? あの人たちって、どんなに変でも、残…

率先して転校生を笑い者に。奇妙な儀式をしていた担任の話

F先生の奇妙な儀式 さて、思い出話をするにゃ。 トラキチが小学校3、4年だった時分、面白い担任にクラスを受け持たれたことがあるんよ。「F先生」としておくにゃ。当時30代の男の先生にゃ。 このF先生が担任だった2年の間に、トラキチのいたクラスには…

茨城県庁と水戸城跡。御三家の地のそれぞれの城 <トラキチ旅のエッセイ>第27話

2006年に封切られた映画、東宝「県庁の星」。「エリート」と、自他ともに認める地方公務員が、慣れぬ民間企業でとまどいながらも奮闘するストーリー。そのロケ地のひとつが、茨城県庁舎だった。茨城県水戸市の郊外、関東平野を南に見下ろしながら屹立する。 …