道草猫の反省日記

誰かの反省が、みんなの役に立つにゃ!

「説明責任を果たしなさい」なんて言うから、ちゃんと説明してもらえないんにゃ

トラキチが昔から「マヌケだにゃ~」と、思っている言葉をひとつ挙げるにゃ。 それは「説明責任」にゃ。 国会議員さんが議論するときや、問題を起こした人が責められるときによく使われるよにゃ? 「説明責任を果たしなさい」って。 これ、間抜けな言葉にゃ…

「株」と「ウェブサイト」。正しい言葉なのにみんなの扱いがひどすぎるにゃ

トラキチにはにゃ、普段からものすごく「かわいそうだにゃ~」と、思っている言葉が2つあるにゃ。その話をするにゃ。 「株」にくっつく余計な「式」ってなんにゃ? かわいそうな言葉。そのひとつは「株」にゃ。株式会社の「株」。これ、とても気の毒な言葉…

この言葉、マジでもうやめにゃい?「面接官」

トラキチにはにゃ、マジで撲滅したい言葉があるんにゃ。 それはこれにゃ。 「面接官」 日本社会の病弊を古くから表している、実に深刻でイヤな言葉にゃ。 面接官…なんで「官」にゃ? その人、国家公務員にゃのか? ちがうにゃろ? 単なる会社の おっさん に…

日本語を思いきり律儀に発音するアナウンサーに出会うとうれしいという話にゃ

今回のトラキチの話にゃ、キミは読むと「ムズ痒く」なるかもにゃ。 読んだら最後、 「毎日テレビやネット動画を見ていて、気になって、気になって、仕方がにゃい!」 そんな風になるかもしれにゃいぞ。 それでも読むにゃ? 読む? だったらOKにゃ。読んで…

「いい」を「良い」と書くのヤメにゃいか? 「いい」と「よい」は違うんにゃから

提案があるんにゃ。 「いい」を「良い」とやたら表記するにゃろ。最近。 これヤメにゃいか? もちろん「良い」で「いい」と読ませても、間違いではにゃいぞ。 でも、これ「よい」と紛らわしいよにゃ? たとえば、「良い雰囲気だね」って、書くにゃろ? これ…

「難易度」って言葉、おかしくにゃい? 気になってしょうがないにゃ

トラキチが聞いていていつもおかしいにゃ~と思っている言葉、 それは「難易度」にゃ。 おかしくにゃい? これ、「難度」でいいにゃろ? 現にスポーツでは使ってるにゃん。A難度とか、B難度とか。 なんで途中に「易」を入れるんにゃ? おかげで、発音まで…

「野球」が日本語に与えた言葉の豊富なことって、間違いなくスポーツ界イチだよにゃ

トラキチは野球世代にゃ。 子どもの頃のスポーツといえば、とにかく野球一色にゃ。小学生の男子だったら、野球をやっていないと、「なんで?」と、不思議に見られた世代にゃ。 野球は、なかなか面倒なスポーツにゃ。 ルールは複雑で、専門用語も多いにゃ。プ…

語尾をひっぱる話し方。これがクセになると、人生残念にゃぞ

語尾をやたらとひっぱる話し方をする人がいるにゃ。 これがクセになると残念にゃぞ。 どんな話し方かって? それはこうにゃ。 「語尾を、おー、やたらとひっぱる、うー、話し方を、おー、する人が、あー、結構いらっしゃる、うー、ようです」 どうにゃ? わ…

川越に引っ越してきたにゃ!

このブログを「道草君」の名前で書いてきた作者なんにゃけど、この夏、前々から大好きだった町、埼玉県の川越市に引っ越してきたにゃ。 それにともなって、このブログも、タイトルとキャラを変えることにしたにゃ。ブログ名は「道草猫の反省日記」、作者の名…

夏の怪談シリーズ.5 「人食い踏切」

僕は大学4年生の大崎達矢。 去年の夏に起った恐ろしい出来事について、話したいと思う。 僕と、僕の親友の身に起こった、あの恐ろしい出来事・・・ 「人食い踏切」での出来事だ。 それは夏休みのこと。ジメジメとした暑い晩だった。 ひとりで部屋にいた僕の…

夏の怪談シリーズ.4 「彼を引きずり込んだ海」

私は由佳。 26歳の会社員です。 去年のことです。 ある男の人を好きになりました。 職場の先輩です。弘也さんといいます。 4つ年上の人です。 その弘也さんには、長年付き合っていた彼女がいました。 私はそのことを弘也さんと付き合い始めてから知りまし…

夏の怪談シリーズ.3 「雨の夜に泣くタクシー運転手」

わたしは長倉ひとみ。 雑誌の記者です。 今日も取材帰りです。 田舎の一軒家で焼き物を焼く陶芸家のもとを訪れました。 取材を終え、最寄りのバス停にたどり着いたのは、もう夕暮れが迫った頃でした。 (え・・・?) 困ったことになりました。 バス停の時刻…

夏の怪談シリーズ.2 「あいつが駅で睨んでる!」

私は麗奈といいます。 20代です。 大きな街で働いています。 いま会社が終って、飲み会の帰りです。 一人です。 実は、困ったことになってるんです。 変な人に付きまとわれているんです。 いま、私のいる場所は駅の構内です。 その人は、ついさっき、街の…

夏の怪談シリーズ.1 「イタズラに怒る空き家の亡霊」

私は真由といいます。 二十歳の大学生です。 私の住む町から車で30分くらいのところ。 寂しい山の中に、その空き家は建っていました。 怖い噂がありました。 その空き家のインターホンを鳴らした人は、帰り道で必ず事故に遭うというのです。 もちろんそれ…

すっかりステイタスが下がった「アメックス・ゴールド」をどうしたものか

今年春のアメリカン・エキスプレス・プラチナカードの申込み制への移行は、 それまでのプラチナ、ゴールド、両カードのオーナーに、かなりのショックを与えていることでしょう。 ステイタス、ダダ落ちですもんね。 え? いい気味だ、ざまあみろ ですって? …

「都民共済」。今年(2019)は2万4千円を支払って、約7,600円が戻ってきました

僕は都民共済に加入しています。 「生命共済」です。 これに加入していると、1年に1度、掛金の3割くらいの結構な額が戻ってきます。 返戻金 (へんれいきん)です。 今年の返戻金は約7,600円 昨年の返戻金は? 出資金もあとから戻ります 入院1日1…

ちょっとまて。「ほうれい線」があるから、年取ると笑顔が美しいんだろ?

ほうれい線を消す? 無くす? そのためにクリームを塗る? 何言ってんだか・・・ アホか。 と、いう話です。 まあ、まずは落ち着いて。 あなた、 目を閉じて、ちょっと想像してごらんなさい。 いまあなたの目の前に、小さな子どもがいるとしますよね。 小さ…

タワーマンションに「タダ」で住む仕組み

憧れの(?)タワーマンションに タダ で住む、うまい 仕組みをお話しします。 インチキ くさい? いやいや、マジメ です。 まずはご一読。 数字などは極力単純にして書きますね。 簡単に、わかりやすくするために。 あなたは必要なお金を半分しかもっていま…

世界一好きな都会は、イタリアのナポリ!

(ウンベルトⅠ世のガッレリア) 僕が世界一大好きな都会は、イタリアのナポリです。 ナポリ。 その名前をこうしてキーボードで叩くだけで、あの街にふりそそぐ太陽が、喧騒が、部屋中に溢れてくるようです。 わがナポリ! ちなみに、2番目に好きな都会は大…

自分はいま「異世界転生」してるんじゃないかと、たまに思うハナシ

自分が見たもっとも古い夢の記憶。 これがまた鮮明なんですよ。いまでも。 おそろしい夢でした。 殺されかけました。 見たのはおそらく4歳の頃ですね。 もちろん、それ以前も夢は見ているんでしょうけど、記憶に残っているものとしては、それが要は最古です…

皆さんの地域の七夕は7月?8月? 今年(2019)は8月7日が「本物」の七夕と重なります

皆さんの地域の七夕(たなばた)は、7月ですか? 8月ですか? 7月だと7月7日か、その前後あたりに、 8月だと8月7日か、その前後あたりに、 商店街の七夕まつりなんかが行われていることでしょう。 本当の七夕は旧暦7月7日です とはいえ、本当の七…

賃貸住宅。窓が「重い」部屋は当たりかも! みんながあまり気に留めない、よい部屋のシルシ2つ

「あれ? なんだかズッシリ・・・」 そんな、窓が重~い部屋はアタリかも! みんなが結構見逃しやすい、賃貸住宅「よい部屋のシルシ」を2つ紹介しますね。 1.複層ガラス 2.コンセント 1.複層ガラス あなたが賃貸の部屋探しをしているとします。 内見…

夏至は日が沈むのが一番遅い日じゃありません。その日は遅れてやってきます

夏至は日の沈むのが一番遅い日じゃありません。その日は遅れてやってきます。 夏至の1週間くらいあとですね。 夏至は、日の出から日の入りまでの時間が1年中でもっとも長くなる日であって、日没がもっとも遅い日ではありません。 これには、地球の公転軌道…

ともあれ「家賃補助」には賛成。財源だってあるぜというハナシ

国民民主党が、7月の参院選の公約として、家賃補助を掲げていますね。 月1万円、年収500万円以下の世帯を対象にするんだとか。 僕は家賃補助政策には基本として賛成です。 ところで、国民民主党って何だっけ? 思わず調べ直しました。 そうか、希望の党と…

不良入居者は手放す物件に放り込んで建物ごと売り払う!思わず感心してしまったオーナーの「冷徹」

アパートやマンションを買って、不動産投資に乗り出そうとしている方、これを読んで身震いしてください。 不動産の世界には、惚れ惚れするくらい(?)ドライなプレイヤーがいるという話です。 あるアパートでのことです。 そこには、近所でも有名な問題入居…

大家さん、夏はあなたの空室へGO! 管理会社の仕事っぷりがわかる季節です

賃貸住宅の大家さん、夏は時間をつくって、あなたの抱えている空室にGO!です。 管理会社の仕事っぷりがわかりますから。 なぜって、 大家さんは、管理会社に対して、入居者が住んでいる部屋の管理だけ任せているのではありませんよね? 空室の管理だって任…

世界一美しい死の造形「聖セシリア」像のあるローマのサンタ・チェチーリア・イン・トラステヴェレ教会

僕が世界一好きな彫刻は、ローマにあります。 ローマのいわゆる川向こう、トラステヴェレというところです。 Basilica di Santa Cecilia in Trastevere ―――サンタ・チェチーリア・イン・トラステヴェレ教会です。 ステファノ・マデルノ作 聖セシリアの像です…

松本隆さんの最高傑作「MAUI」(唄・松田聖子)の歌詞を知ってますか?

万葉・古今から現代までをたどって、僕は日本の最大の詩人のひとりが松本隆さんだと思っています。 その松本隆さんの作品に「MAUI」というのがあります。 松田聖子さんの1984年のアルバム、 「Windy Shadow」の7曲目ですね。 ちなみに「Windy Shadow」は、…

「死にたければひとりで死ね」という人こそ、周りが注意して見守ってあげよう

「死にたいヤツは周りを巻き込まないでひとりで死ね」 正論です。 ただ、アナタのそばにそんな正論を激しく吐く人がいたら、アナタはそのことをちょっと気にかけておいてあげてください。 自暴自棄となり、通り魔をやってから自分の首を切って死ぬ人や、 建…

「言い出しっぺがやれ」の会社に入りなさい

「どんな会社に就職したらいいんでしょう」 たとえば大学生のAさん、B君にそう聞かれたら、僕の答えはこうです。 「言い出しっぺがやれ」 の会社に入りなさい。 その前に、 「会社員になっちゃうの? ホカは目指さないの」の質問があるんですけどね。 とり…