道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

世のなかについての話

金融よ融けよ!「残念系ソーシャルレンディング」が、面白い未来を広げてくれた!

「かぼちゃの馬車」 「レオパレス」 「TATERU」 ―――昨年2018年は、不動産投資の世界にどこかターンオーバーの雰囲気が感じられました。 ターンオーバーです。 一方的な終幕とか、崩壊とかいうものではありません。 エンジンはちゃんと回っていますよね。 僕…

親を暴走老人にしないために。マニュアル車に乗り換えてもらうという選択肢はどうなんだ?

さて、今回は高齢者が起こす交通事故について。 これ、他人ごとではありません。 僕にもいなかに車を運転する親がいます。70を超えています。 実は、いまから書くことは、その親に対し、これから僕がススメようと思っていることなんです。 そのこととは、 …

プリンタ・スキャナ・FAX 複合機の調子が悪い! なので、そもそもこれ必要か? を考えることにした

さてさて。 困っております。 僕が仕事に使っている、「プリンタ・スキャナ・FAX複合機」の調子が悪いのです。 始まりは昨年秋。 「印刷しても変な薄い色になる・・・」 そこで、テストパターンを出力してみると、複数の色に欠けが生じています。 インクのノ…

ラーメンという食べ物の不遇に、僕は、コンビニ店員さんの神々しさをなぜかいつも想うのだ

今回はゆる~く、雑談させてください。 ラーメンとコンビニ店員さんのお話です。 いきなりですが、ラーメンって、ホントに不遇な食べ物だと思いませんか? だって、どんなに手をかけたって、材料を吟味したって、値段を高くできないでしょ? いえ、世間ばか…

地獄のような東京の通勤電車内で使える「コミュニケーションアプリ」があるといいかも

こんにちは! 今回はある提案です。 愚か者のアイデアですが、よかったら耳をお傾け下さい。 まずワタクシこと。 東京とその周りを中心に、もう四半世紀以上働いています。 その間、暮らしてきた場所についても同様です。23区内と、その周辺のパンの耳のよ…

年齢は1.6で割って1掛けろ説、知ってますか? これで世の中、結構しっくり!

日本人の年齢について・・・ これ、一昨年かその前の年くらいに、ある講演で聞かされた話です。 まとめるとこんな感じです。 ・「年齢」に関するいまの社会認識は、実は人生50~60年といわれていた時代にイメージされたものが多い ・現在の人生80~9…

無知とか、勘違いとか、未成長といったものに「寛容」になれない人達がつくり出す疲労

こんにちは! さてさて今回は、 負け組50代フリーターが、生意気にも、世のなかに若干のご意見をさせていただきますね。 「無知とか、勘違いとか、未成長といったものに寛容になれない人達がつくり出す疲労」 あなたもうっかり、そんなものに巻き込まれて…

コンビニ店員さんが客の不機嫌の矢面に立たされる理由

いま、 あらゆるお店とか、窓口で働く人が、お客さんの不機嫌な態度に晒されて困っているようですね。 僕の知る限りでは、もっとも修羅場なのが駅員さんでしょうか。 ほかにも、 スーパー、ファストフード、ファミリ-レストラン、ドラッグストア、コンビニ…

死刑は寛大な刑罰だという自説を聞いてほしい

ちょっと前に、オウムの麻原彰晃ら7人の死刑が執行されました。 そのとき僕はあらためて思ったんですが、 これ、持論です。 「死刑って、ゆるい刑罰だ」。 もちろん、僕だって死刑はいやですよ。最後まで、刑務所の中であっても、なんとか寿命を全うしたい…

突然のセールス電話に温かく対応している、その理由

セールス電話がよくかかってきます。 固定電話の方に。 投資話、事務機器のリース、ネットの通信回線セールス・・・などなど。 多分、一般の皆さんの数倍以上の頻度だと思います。 理由があるんですよ。 上記の発信元の面々からもご推察のとおり、電話番号が…

「特区」は中国のすぐれた発明品だと思う。なのでもう一歩踏み出せばいいのにね

今日は大それたテーマで。 中国の「経済特区」のことで、いってみましょう。 ただ、話したいのは、経済のことじゃないんです。 中国の民主化のことです。 不思議に思っているんですよ。 中国は、なんで「経済特区」で成功したのに、「民主化特区」をやらない…

山田優さんを叱ると得られる快感。人が想う「世間」と、その広さについての話

今回の西日本の大雨で、大変な被害に遭っている中に、僕が生まれた県があります。 僕がまだ赤ん坊のうちに、ある事情から、両親と僕はそこを離れたんですが、 もしも当時、両親がその選択肢を選ばなかったら・・・ もしかすると、たとえば今回、洪水で流され…

民泊特区が必要なの、これからだよきっと!

エアビーアンドビーが話題になり始めて、民泊、民泊って言われ始めたのって、 いつ頃からでしたっけ? 2014年くらいでしたっけね。 その後、特区ができたり、観光庁と厚労省の検討会ができて議論が始まったり・・・ そしていよいよ新法が出来て、ついこの間…

ワールドカップ・サポーターのゴミ拾い美談にちょっとだけケチをつけてみる

今回のワールドカップでも話題になっていますね。 日本人サポーターがゴミ拾いをして帰るという、いつもの件。 世界中から褒められていることのようですし、僕も間違いなく、現場にいたら「立つ鳥跡を濁さず」で帰ってきますけれど(自慢じゃなく、そういう…

君、ちゃんとスカートめくりした? 子どもの頃に

いやはや、いきなり暑い7月冒頭ですね。(僕は関東にいます) ところで、よく僕らみたいないい大人のおじさんが、女の人のスカートの中を盗撮してとっ捕まるでしょ? しかも、ちゃんとした勤め人が。 人生、ぶっ壊れるのも厭わず。 僕はそういう事件が報道…

【悲報】サッカーW杯・西野采配で、リア充・非リア充が色分けされた

【悲報】なんて付けてみました。 でも、ホントに若干それっぽくなってきましたね。 先週のサッカー・ワールドカップ、日本対ポーランド戦の、例の西野采配です。 賛否両論飛び交ったけど、数日経って、なんとなく見渡すと・・・どうもリア充な人はほとんどが…

ワールドカップの知らないスポンサーは調べるとみんな中国企業!

ワールドカップの放映画面を見ていて、ピッチの周りに表示されるスポンサー企業名・・・ よくわからない名前が今大会はとりわけ多いような気がして、調べてみると、どれも中国企業なんですね。 いやあ、すごい。ガンガンお金使ってますね。 「Hisence」・・…

郊外にいると鬱になるわけ。なぜなのか? 郊外から引っ越したあとにそれがわかってきた

いま、僕は首都圏の比較的賑やかな私鉄の駅のそばに住んでいます。 どのくらいの賑やかさかというと、駅はとりあえず立派に駅ビル化していて、近くに大きな本屋さんもあって、スターバックスも2軒あるといったところ。 家の近くに居酒屋があるので、遅くま…