道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

サッカー。追いついた同点と追いつかれた同点って、何でこんなに気分が違うんだろ

f:id:michikusakun:20180620023746p:plain

 

いやあ、勝ちましたね、勝ちましたね、勝ちましたね!

 

昨夜は、日本代表が、強敵に。

 

コロンビアに!

 

梅雨寒続きが急に19日は暖かくなって、何だか体調変だな・・・ってところに、2時間、思いっきり緊張させられたんで、

ワタクシ、熱出ちゃいました。

 

川島やっちまったな、また!

 

でも、勝ったんだからいいんです。ワールドカップは、過程ではなく、結果です。

(今後も川島選手にはひるまずアグレッシブにいってほしい)

 

ところで、そのやっちまった1点ですが、追いつかれた1点でしたね。リードしていたところを。

 

不思議ですよね。

 

追いついた1点と、追いつかれた1点の、このメンタルにおよぼす違いって、何なんでしょ。

 

どちらも、意味は同じ。もとに戻っただけなんです。

 

試合開始時点の、どちらもリードしていない状態に。

 

しかも、相手にとっても、それは同じ。

 

仲良く一緒に、もとの立場に戻っただけ。ただそれだけ。

 

それでも、追いついたときの同点は気持ちがものすごく盛り上がり、追いつかれた同点はがっくり意気消沈・・・。

 

つまるところ、ああ・・・われわれって、

一度手に入れたものを失うのが、ホントに怖いんでしょうね。

 

「リード」という、一度手に入れた幸せが失われたときのショック・・・!

 

それが(リードが)、すなわち最終的な勝利を意味するものではないことも、われわれはちゃんと解っているくせに。

 

やれやれです。

 

まずは、おそまつ。(眠~)

 

(イラストは「かわいイラストが無料のイラストレイン」さんより)