道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

アトランタのときも西野監督の野望どおりコトが運んでいたらどうなっていたんだろう・・・?

f:id:michikusakun:20181003000314p:plain

すごいバクチを観ました。昨日は。

ワールドカップの話です。

 

いやあ、疲れた。

 

日本代表があんなかたちでブーイングされている。

 

サッカーに「時々みられる」「例のタイプ」の試合をやっているんですね。わが日本が!

なんと、御大ポーランドを付き合わせて。

 

しかもそれが、よくあるただの時間潰しじゃなく、スリリングな賭けにもなっているという、ものすごく複雑な状況。

 

何だか変な気持ちでした。

 

西野監督といえば、僕らの世代の記憶には、やはりあのアトランタオリンピックのことが強く残っています。

マイアミの奇跡」ですね。

 

もちろん、あのときもびっくりしました。今回とは全然ちがう意味でのびっくりですが。

 

そこで、あらためて、考えてしまいますね。

 

運命を別けた、あのアトランタの第2戦・ナイジェリア戦。

聞くところによれば、西野監督はひたすら守り抜く方針だったそうですね。

 

理由は、こちらが実力に劣ることはハッキリしているから。

だから守る。守り抜いて終わらせ、次につなげる。

 

でも、結局はそれが一部の選手のフラストレーションや疑念を生んで、ピッチの上での意思統一がはかれなかったといわれています。

反則をとられてのPKも交えた残念な結果を生みつつ、日本は0-2で負けました。

 

これが響いて結果的には、グループリーグで2勝もしていながらトーナメントに進めなかった日本・・・。

 

グループリーグで二つ勝ったチームがそこで敗退したというのも、これまた非常に珍しい「奇跡」だったのだそうですね。

 

そこで、「たられば」を考えてみるんですが、

 

西野監督のプランどおり、あの第2戦をもしも本当に日本が守り切って、引き分けていたらどうなっていただろうか・・・

 

結果だけにあてはめると、

日本は2勝1分けで見事1位通過です。

 

ブラジルに勝ち(現実)、ナイジェリアと引分け(空想)、ハンガリーに勝って(現実)、2勝1分け。

 

でも、2勝1分けなんてあまりに出来過ぎだ・・・ということで、

現実には勝ったハンガリー戦を「敗戦だった」ということにすると、こうなります。

 

1位 ブラジル 2勝0分1敗

2or3位 日本 1勝1分1敗

2or3位 ナイジェリア 1勝1分1敗

4位 ハンガリー 1勝0分2敗

 

おお・・・なんと、今回と同じです。

 

(今回)

1位 コロンビア 2勝0分1敗

2位 日本 1勝1分1敗

3位 セネガル 1勝1分1敗

4位 ポーランド 1勝0分2敗

 

日本が2位突破できたかどうかは、やはりアトランタのときも、得失点差等にゆだねられていたことになります。

 

繰り返しますが、現実には2度も勝ったのに、日本はアトランタ五輪ではグループリーグは突破できませんでした。

 

でも、「たられば」の西野プランだと、アトランタでもやはり、今回のワールドカップ同様、勝利は1度のみで、グループリーグ突破の可能性がありました。

 

むむむ・・・まさにこれこそ、西野さんのリベンジということなんでしょうか。

 

そういえば、両者の顔ぶれ、南米・日本・アフリカ(サハラ以南)・中欧 というところもまったく同じですね。

 

うむむむ・・・おそまつ。

 

こちらもどうぞ!

michikusakun.hatenablog.com

michikusakun.hatenablog.com

 

(イラストは「かわいいイラストが無料のイラストレイン」さんより)