道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

「自分が住みたくない物件には投資するな」。不動産投資でこれだけは確実に言えると思う

f:id:michikusakun:20180630180321p:plain

 

暑いですね。

僕が住む関東、もう梅雨が明けてしまいました。

 

唐突ですが、不動産界隈で、

かぼちゃの馬車」と「レオパレス」が、ここのところ話題になっていますね。

 

どちらも、いわゆる「投資」と絡んだかたちです。不動産投資。

 

自分の住まない不動産を購入して、人に貸したり、転売したりして、利益を得る投資のことです。

 

ちなみに、不動産投資の中には、本来払うはずの税金を少なくする「節税」が主目的の投資というものもあります。

 

ただ、面倒くさくなるので、一旦そちらは忘れて話を進めさせてください。

 

そして、理由は思いきり端折りますが、僕は実は、この分野には結構詳しい人物なんです。追々このブログでもお話ししていこうと思っています。

 

さて、不動産投資の成功の秘訣として、ごちゃごちゃ余計な条件やノウハウはともかく、

「それでもこれだけは確実にいえる」

と、僕が思っていること。

 

それは、自分が住みたくなる物件に投資することです。

 

逆にいえば、自分が住みたくないような物件には投資しないことです。

 

7平米のシェアハウス、あなたは住みたいですか?

隣人のいびきまで聞こえてくる壁の薄いアパート、あなたはいま、すすんで入居したいですか?

(あなたが一般的市場人であるとして訊ねています)

 

嫌でしょう?

 

しかも、いびきの聞こえてくるアパートが、駅徒歩20分以上もかかる場所にあるとします。どうですか?

住まないでしょう?

 

就職する子どもさんに、駅往復40分以上を勧めますか? 勧めないでしょう?

 

「いや、現実に住んでいる人がいるよ」っていう声が聞こえてきそうですが、ここ肝心なトコです。

 

そこに住んでいる人は、ガマンしているんです。

 

市場に我慢をさせているサービスは、つねに市場からの退場圧力を受けているサービスです。

 

たとえ退場させられなくとも、つねに一方的に市場価値が減じていく(値下げをさせられていく)サービスなんだということをしっかりと心得ておきましょう。

 

つまり、不動産投資で絶対に忘れてはならないのは、株とも外貨とも違って、そこでは、

・お客様相手の経営と

・経営による勝ち負けが

必ず、収益プロセスに絡んでくるということです。(土地転がしみたいな特別な場合を除いて)

 

これって、ちっとも難しい話じゃありません。

 

お客様に本音では嫌われている商品やサービスにわざわざ投資するなんて・・・と、考えてみてください。

 

おのずと判断はつくと思います。

 

え・・・?

50過ぎてのフリーターに投資の話なんかされたくないって・・・?

 

く~っ おそまつ・・・!

 

こちらもどうぞ!

michikusakun.hatenablog.com

michikusakun.hatenablog.com

michikusakun.hatenablog.com

 

(イラストは「かわいいイラストが無料のイラストレイン」さんより)