道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

松田聖子さんの素敵な歌で、「ひまわりの丘」というのがあります

f:id:michikusakun:20180705005450j:plain

 

夏ですね。

 

咲いているひまわりとこれから咲くひまわりの写真です。

 

子どものころ、ひまわりの絵を描いて学校でずいぶん褒められたことがあります。

 

タネをよく食べましたね。

道端の咲き終わったひまわりから引っこ抜いて。

 

またそこいらでやりたいですけど、こちとら、いい大人ですから、

「変な人がいる!」って、すぐに通報されちゃいそうですね。

 

松田聖子さんの歌で、「ひまわりの丘」というのがあります。

 

松田聖子さんの歌のうち、もっとも好きなトップスリーを挙げろと言われると、僕の場合、必ずこの歌が入ります。

 

あと二つは、「レモネードの夏」と、「マイアミ午前5時」ですね。

この3曲のうち2曲が、来生たかおさんの作曲です。

 

下の文章は、僕がずっと昔に、あるところで書いたものです。

 

---------------

「ひまわりの丘」(1982)
作詞・松本隆 作曲・来生たかお 編曲・船山基紀
・・・松本隆の詞に筆者が垣間見る「影」をもっとも色濃く感じる作品です。主人公のふたりはすでにどちらもこの世におらず、近い過去、この場所であった思い出を丘の上のひまわりが語っている歌のように感じられてなりません。

 

「レモネードの夏」(1982)
作詞・松本隆 作曲・松任谷由実 編曲・新川博
・・・阿久悠の描く失恋の歌(例えば「泣かないわ」・桜田淳子)と比べると、「松田聖子の時代」における社会の変化がわかります。恋の痛手を癒す選択肢として若者がリゾートへの旅を選択できる豊かな時代がこの頃訪れました。

 

「マイアミ午前5時」(1983)
作詞:松本隆 作曲:来生たかお 編曲:大村雅朗
・・・恋愛映画のラストシーンが展開するようなパノラミックな作品。松本隆の「詞でつづる映像」が、4分56秒を長いひと夏の物語に仕立てています。恋をする若い世代が気軽に海外へ旅立てる時代がいよいよ始まったこの頃。

---------------

 

3曲、ご存知ない方、

よかったら聴いてみてください。

 

おそまつ。

 

「ひまわりの丘」「レモネードの夏」が収録されている名作アルバム「Pineapple」。画像はamazonデジタルミュージックのページにつながっています。

→ CDも含めたamazonミュージックのページはこちら

 

「マイアミ午前5時」が収録されている「ユートピア」。加えて「セイシェルの夕陽」「天国のキッス」もラインナップされている前半部分(A面)は、アナログレコード時代は「blue-island side」とネーミングされていましたね。

→ CDも含めたamazonミュージックのページはこちら

 

▼こちらもどうぞ!

www.michikusakun.com

michikusakun.hatenablog.com

www.michikusakun.com