道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

自己分析するほど、自分が小さくなっていっちゃうかもよ

f:id:michikusakun:20180707164655p:plain

僕がこれまで出会ってきた人のうちの何人か。

 

Aさん・・・

緻密な仕事をする人でした。

でも、会社の机の上はいつもゴミ箱状態。手づかみしちゃいけない食べ物をつい手づかみで食べる癖もあって、上司にはよく叱られてました。

それでも専門知識が頼られるもんだから、独身ですが、いまも優雅に都心一等地のマンションで暮らしています。

私立の名門大卒。

 

Bさん・・・

論理的で、思ったことを口に出さずにいるのが苦手。

会議中、「やっぱり納得できない!」と、よくちゃぶ台返し

先輩に「それ、大丈夫、みんなわかってることだから」って、なだめられたりしていました。

独立して会社をつくって成功したように聞いています。

本屋さんで著書を見かけたこともあります。

 

Cさん・・・

仕事中、ストレスがたまると、いきなり叫ぶ癖がありました。

びっくりさせられたもんです。

貸した紙資料が、グニャグニャのボロボロに汚れて返ってきたことも。

日本でほぼ一番の難関大学卒。

その後、結構知られた会社の役員になっているのを見かけたような・・・

 

Dさん・・・

話していると、なぜかあごを段々と引きはじめ、鋭い上目遣いで睨んでくるという不気味な癖あり。

つまりは第一印象最悪。

最初は驚きました。

でも、公益団体の世話人になっていたり、コンサルティングをしたり、かなり活躍しています。

 

以上の皆さんの奇妙な癖や行動を僕が目の当たりにしていたのは、いずれも、「発達障害」とか、「ADHD」とかいった人間へのタグが、世の中に広まっていなかった頃です。

 

そして、これ、とても大事なことだと思うんですが、

上記の皆さん、揃って当時、自分が普通の人と比べて「変」だって、自覚していた様子がありませんでした。

 

繰り返しますよ。おそらく「自覚されてはいませんでした」。

 

Cさんなんか、自分が仕事中に「ヅァー!」とか「クハァッ!」なんて叫んでいたこと、結局のところ、記憶にないんじゃないだろうか。

 

なので、僕は思うんですよ。

 

自己分析とか、わが子の資質はどのタイプとか、

適性はどうとか、

 

言葉にしたり、書き出させたりして、それをその人に自覚させるほどに、

自覚した内側の小さな空間に、その人が納まっていってしまうことって、あるんじゃないかな・・・と。

 

「変」な人に対して、「自分が変だ」ということをはっきりと自覚させることって、その人から未来を奪う残酷な行為になっているのかもしれないな・・・と。

 

そんなところです。

おそまつ。

 

こちらもどうぞ!

michikusakun.hatenablog.com

 

(イラストは「かわいいイラストが無料のイラストレイン」さんより)