「李朝・暗行記」(皇なつき)…女真の戦士がかっこよすぎてこの1冊が手放せないにゃ

f:id:michikusakun:20180809171215j:plain

 

トラキチが大好きなすばらしい漫画を1冊紹介するにゃ。

 

「李朝・暗行記」にゃ。

 

皇(すめらぎ)なつき にゃん作。

 

トラキチがこの本を買ったのは1993年にゃったかな。場所は新宿のルミネ1にあった青山ブックセンターにゃ。

 

もう、とにかくびっくりしたよにゃ。

 

なにしろ舞台が李氏・朝鮮王朝にゃ。

 

「え、なんでそれがびっくり?」と、いまならみんな思うにゃろうけど、'93年って、冬のソナタブームの10年も前にゃぞ。韓流のハの字もない頃にゃ。

 

「よく調べた!」

「よく描いた!」

「よく目をつけた!」

「ついでにこれを描くのを許した編集もえらい!」

 

拍手を贈っても贈り足りないくらい、当時はマイナーで、知られてなかった分野にゃ。

 

絵がすごくキレイにゃ。なつきにゃんの絵は、野に咲く花のように可憐で美しい。

 

いわゆる朝鮮版水戸黄門の暗行御史(アメンオサ)という人々のことは、トラキチはこの作品で初めて知ったにゃ。

 

そんで、この本の中で、トラキチが一番気に入っているエピソードが「北辺の疾風」にゃ。

 

「冬になると鴨緑江を越えて野人(ヤイン)がやってくる―――」

 

そんなナレーションとともにはじまる、壮大なイメージの湧く物語にゃ。

 

主人公の暗行御史以上に主役なのが、女真(ジュルチン)の青年にゃ。つまり満州族にゃ。

 

この男は、数年前に朝鮮の村を襲って、婚礼直前の娘を誘拐したんよ。ほんで、無理やり妻にしたにゃ。子どもももうけたにゃ。

 

ところが、ある日、悲劇のあったその村にさらわれた娘が逃げ帰って来るんよ。遠い野山を越えて。

 

ところが、人びとの目は厳しいにゃ。娘は「野人に汚されたであろう女」として、もはや二度と以前の社会に受け容れられることはないんよ。

 

それでも、彼女の婚約者だった村のリーダーの青年は優しいやつにゃ。傷ついた彼女を何とかして受け容れてあげたいんにゃ。

 

しかし、そこにやって来るんよ。野人が。勇猛な女真の戦士が。

 

こちらも危険を顧ず、たったひとりで馬を駆り、愛する「妻」を追ってやって来るんにゃ。

 

そして、この戦士が憎々しいほどに格好よすぎる。弓の腕も立ちすぎるんにゃ。

 

さらには、村をゆるがす衝撃の発言までかますにゃ。

 

「妻は俺の子を生み、連れて逃げた。子どもはどこだ。一緒に帰ろう」

 

女真の戦士、娘、優しい村のリーダー、そこにかかわり合うことになった旅の暗行御史…

 

そして、一向に姿の見えない野人と娘の間に出来た子ども。まだ1歳の幼子はいまどこに…?

 

娘を追って旅立つ前に、戦士は仲間にこういうにゃ。

 

「ソラホー(朝鮮人)と女真は万世の仇だ。しかし友よ。俺はソラホーが嫌いではない。あのうらやましいほどの誇り高さがな」

 

さりげなく語られるセリフ、登場人物たちの葛藤のそちらこちらに、東アジアの雄大な歴史、民族の誇り、文化、互いへの恐れとひそかな敬愛が映し出されるにゃ。

 

ページをめくるごとに大陸の風が吹いてくる、約30年前のすごい作品にゃぞ。

 

ちなみに、トラキチの手元にある本は、角川書店版の単行本にゃ。そのあと文庫版が出たようで、いま主に流通しているのはそちらみたいだにゃ。

 

単行本の場合、李朝・暗行記の3つのエピソード…

 

「鴛鴦恨」

「北辺の疾風」

「身世打令」

 

さらに、中国清朝を舞台にした

 

「貢院の鬼」

 

が収められているにゃ。どれも全部おもろいぞ。

 

トラキチは近年持ってた本のほとんどを断捨離してるんにゃけど、数少ない手放せない1冊が、この「李朝・暗行記」にゃ。