道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

Wikipediaに毎年寄付するたびに、あっちのモヤモヤが募ってくる

f:id:michikusakun:20180812142051j:plain

 

以上のとおりです。

 

今年も「Wikipedia」さんからものすごい懇願(笑)メールが来ましたので、寄付しました。

貧者の一灯を許していただき、ごく少額で。

 

でも、本当は、1万3990円以上を払ってあげたいんです。

 

え、なんで1万3990円?

 

皆さんもうお気づきのとおりです。NHKの受信料ですね。(地上契約で年間分カード払い等の場合の金額)

 

非常にモヤモヤしますね。

 

日常、役に立ちまくっているWikipediaさんには貧者の一灯しか捧げてあげられないのに、ネットで朝と正午のラジオニュースを聴くだけのNHKさんにはその何倍もの額。

 

なんでもコスパコスパ的には考えたくありませんが、僕の中では、モヤモヤ、あるいは罪悪感が募ります。

 

もっとも、僕はいまテレビを持っていませんので、NHKさんには、何やら誓約文めいた書類を書かされたうえで、受信料は免除してもらっています。

 

しかしながら、

「新しいPC買ったときは、TVチューナーが中に入っていたら、即受信契約ですよ!」

と、以前家にやってきた受信契約事務代行会社の社員には、きつく脅し上げられています。

 

NHKさんの仕事のクォリティの高さは、よくわかっています。

日本が誇るべき創造的集団のひとつです。

 

ただ、ここまでさまざまな情報メディアが増え、発達した現在、NHKはもう役目を変えるべきだと思うのです。最低限国民のために必要な「公共放送」のみに責任を持つ存在に。

 

(以前の記事にも書きました) 

michikusakun.hatenablog.com

 

いまの額の受信料が必要なほどのでかい図体でいる必要はもうないのです。

 

そのことは、NHKの中で働いている人にも、少なからず同意してもらえるような気がしています。なにしろ、きわめて聡明な人材揃いなんですから。

 

NHKさんは、自らを上手に縮小、解体していくべきであり、それができないのならされるべきです。

 

さて、Wikipediaです。

 

倒産寸前の会社みたいな切迫したメールで寄付を募っていますが、一部聞くところによると、資金は潤沢との説も。

 

でも、それと寄付とはまた別の話だと僕は思っています。

ウハウハの潤沢であっても、ヒイヒイ切迫していても、僕にとってものすごく役に立っているという事実には、変わりがありません。

 

なので、寄付します。

 

基本、気持ちのよい出費です。

 

おそまつ。

 

f:id:michikusakun:20180812142216j:plain