道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

栗の町といえば小布施ですが、本当は笠間が日本一の栗の町です。笠間もがんばれ!

f:id:michikusakun:20180831231305j:plain

 

こんにちは!

 

今日から9月ですね。

 

でも近ごろときたら・・・

9月といっても涼しくなるのは大概中旬か下旬。

 

カレンダーは秋の装いでも、実際の気温も湿度も、相変わらずの夏のまま・・・

 

「ああ、疲れる。しんど」が、

毎年の9月の印象です。

 

とはいえ、見てください。

写真のとおりです。

 

昨日、道端に、コロリとイガグリが落ちていました。

 

わが家からさほど遠くない場所です。

そばには栗の木が立っています。

 

見上げると、たくさんの栗がころころと生っていましたね。

 

「秋」が足元に転がっていました。

 

ところで栗といえば・・・

東京辺りでは、JR東日本さんの盛んなPRもあって、長野県の小布施町が、最近はすっかり「栗の町」として知られるようになりました。

 

ですが・・・

その小布施よりももっとたくさん栗が採れ、まさにこちらが本家ともいえそうな町が、実は、東京にさらに近い北関東に存在しています。

 

茨城県笠間市です。

 

笠間稲荷や、やきものの笠間焼で有名な町ですね。

 

笠間のある茨城県は、栗の栽培面積・収穫量ともに全国1位なんですが、その中にあって、笠間市の栗の栽培面積は県内第1位です。

 

一方の小布施の栗は、江戸時代からすでにブランド化していました。

 

幕府への献上品だったんですね。

 

そうした歴史を土台に、近年、栗での町おこしに成功したというかたちです。

 

笠間には、北大路魯山人が住んでいた「春風萬里荘」なんていうのもあります。

鎌倉から移築した建物ですね。一度、見に行ったことがあります。

さらにそれ以前は、神奈川県の御所見村(現藤沢市)に建っていたものなんだそうです。

庄屋さんの屋敷でした。なかなかに立派なものです。

 

以上、おそまつ。

 

こちらもどうぞ!

michikusakun.hatenablog.com

michikusakun.hatenablog.com