道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

無知とか、勘違いとか、未成長といったものに「寛容」になれない人達がつくり出す疲労

f:id:michikusakun:20180905154501p:plain

こんにちは!

 

さてさて今回は、

負け組50代フリーターが、生意気にも、世のなかに若干のご意見をさせていただきますね。

 

「無知とか、勘違いとか、未成長といったものに寛容になれない人達がつくり出す疲労」

あなたもうっかり、そんなものに巻き込まれてしまっていませんか?

 

ちょっと前のことです。

 

ネットで若干の騒ぎになった事件がありました。

 

・マスコミ出身の大学の先生が、夏の繁忙期のホテルに多人数の予約を入れたところ、自らの手違いで予約が二重となるかたちに

 

・先生には、ダブった予約分のキャンセル料が当然に課されるべきところ、ホテル側の配慮によって、その額は半分でよいということに

 

・ホテル側に瑕疵はなく、先生はむしろ恐縮しなければならないところ、逆切れし、ホテル名(および予約サイト名)を挙げてネットメディアでつるし上げ

 

・・・と、してみたところ、

「ちょっとまて。悪いのはあんただろう!」ということで、ツイッターその他は非難の嵐。

 

ついにはこの先生を雇っている有名な大学が、公式に謝罪する顛末となってしまいました。

 

そこでまず、僕からもいわせてください。

 

「先生、あなた、若干オレ様になっちゃっていましたな!」

 

さてさて。

 

そこでちょっと僕には気になることがあるんです。

 

この一件で、先生の暴虐(?)に対し、すっかりお怒りになってしまった人の言葉を拝見するに、こんなスタンスからのものが結構多くはなかったでしょうか。

 

・真夏のかき入れ時

・なのに多くの部屋を半額(半減されたキャンセル料)で売らねばならなくなったホテル側

・ホテルにとってはいい面の皮だ

・加害者は先生、あんたでしょ!

・そんな「理屈」すら理解できず、ホテルを吊し上げようとは何様だ!

・御大層な肩書き掲げているくせして! このスカポンタン

 

最後のスカポンタン!は余計ですか(笑)

 

でも、まったくそのとおりなんでしょう。

この先生はきっと、ホテルや旅館という商売の理屈・論理・仕組みをわかっていなかったんです。

 

だからこそ、今回、相手を吊るし上げてもいいと思っちゃったんです。

 

ひょっとしたら、一発炎上させてやろうとも思っていたんです。

 

でもまさか、その炎が自分の方に向かってくるとは夢にも思っていなかったんです。

 

「あ、この人まずい。理屈が見えていない!」

・・・っていうケースの失言、政治家にもよくありますね。

 

で、こういう場合ですが、

僕たちには本当は、怒る前に、やることがあるような気がしませんか?

 

それは、教えてあげること。

「先生、もしかして勘違いをなさってませんか」と、穏やかに問いかけてあげること。

 

「あなたはこんなことも知らないんですね!」

と、いきなり鼻の穴をおっぴろげて興奮するのでもなく、

 

「あなたってこんなことも知らないんですね。グフフ」

と、あざ笑うのでもなく、

 

「いやいや先生、こういう理屈で、今回あなたは実は得をしているんですよ」

と、小声で理解させてあげること(文字だと小声にはなりませんけど)。

 

あるいは、

「へえ、そりゃ驚いた!寛大なホテルさんですね」

なんて、話の矛先をわざとそらしつつ、相手にも周りにも、論理に気付かせてあげること。

 

鬼の首をとった―――と、いう表現がありますが、

僕はどうも、最近の日本人の怒り方の多くに、

 

相手の無知や、勘違いや、未成長といったものそれ自体に、ドッと怒りの炎を燃やすケースが増えてきているように思うんです。

 

「〇〇大臣なのに、〇〇の読み方も知らないのか!」

 

「そういう発言をしたら、こういう風が吹いて、これこれになって、最後は桶屋が儲かるところまで、あんたは予測もつけられないのか!(つけられませんって)」

 

「(赤ん坊に対して)レストランで泣いてはいかんことを君は知らんのか!」

 

でもこれ、疲れませんか?

 

いちいち怒られる方も、怒る方も、「理屈がわかれば済む」ことなのに(赤ん坊を除いては)、エネルギーを使いすぎ。消耗のしすぎです。

 

怒るために怒ること、

自分の知識や理解が相手よりも深いことを示さんがためにその手段としてわざわざ怒ること、

 

無駄です。無駄無駄。

 

世のなかの理屈をよく知る聡明な皆さんだからこそ、これらは、時間とパワーをかけてわざわざ取り組むようなことじゃない。

 

力はほかに注ぎましょう!

 

おそまつ。

 

こちらもどうぞ!

michikusakun.hatenablog.com

michikusakun.hatenablog.com

 

(イラストは「かわいいイラストが無料のイラストレイン」さんより)