道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

「桜」の紅葉が好きな人、いませんか? きっと同志がたくさんいると信じてるんだけど・・・

f:id:michikusakun:20180916233434j:plain

  

紅葉の季節が近づいてきました。

 

そんな風に言うと、

 

「そうかな。あんた関東でしょ? だったら、まだまだその季節は遠いよ」

 

と、返されそうですが、

 

そりゃ、ちがいますよ。

 

そう指摘するあなた、ひょっとして紅葉といえば楓(カエデ)ばかりが念頭にあるでしょ?

 

あるいは、東京あたりの人だったら、「都の木」にもなっているイチョウ?

(木だけじゃなく都のマークもイチョウだとよくいわれますが、こちらは東京の頭文字「T」がモチーフです)

 

もちろん、秋に鮮やかに色づく葉といえば、赤はカエデに如くはなく、黄色はイチョウに抗うはないとは思いますが、

 

そういう秋の主役ばかりに目をやらずに、近所の公園にでも足を運んでみてくださいな。

 

桜の葉が、そろそろ色づいてきているはずです。

(上の写真はつい先日、9月16日に近所で撮影したものです)

 

そうです。サクラですよ!

 

春にはピンクの花を咲かせていたサクラです。

 

僕はこのサクラの紅葉が大好きです。

 

理由は?

 

それは、色の佇まいが、どこかモダンでロマンティックだからです。

 

なんとなく、油絵風なんです。

 

それも、どちらかというと近代的な技法で描いた方の油絵です。

 

色づいた桜の葉が落ち葉になって散らばった風景など、まさにそうですね。

 

ちょっと知ったかぶりして、絵画用語を使ってしまうと、

キイロ、

ウスミドリ、

オレンジ、

アカ、

チャ、

コゲチャ・・・

あらゆる秋の色すべてが、そこに「インパスト」されている感じです。

 

一方、カエデやイチョウの美しさというのは、端的には切り絵風ですね。

平面的で、版画にしやすい美でもあります。

 

その点、サクラの紅葉は、どうもそういう風には表現しにくいところがあります。

個々にはあまり美しく感じられないような色も含めての、合算の美になっているからなんでしょうね。

 

その点、美味しそうな料理の色と、どこか似ているところがあるんじゃないでしょうか。

 

もう数年前のこと。

以前暮らしていた家の近くに立っていた桜が夏の終わり頃、突然バッサリと伐られ、がっかりしたことがあります。

 

花もとびきり見事でしたが、紅葉もきれいでした。

 

なぜいきなり・・・?

 

聞いたところによると、毎年、落ち葉の掃除があまりにもしんどいということで、その年、秋が来る前に伐ることにしたのだとか。地主さんが。

 

ご近所の皆さん、これには落胆です。

 

花を楽しみにしている人はもちろん多く、地域のランドマークにもなっていたようなサクラでしたので。

 

「なんだ。困っているんだって知らされていたら、掃除くらい買って出たのに・・・」

 

そのときそんな風に思ったのは、きっと、僕だけではなかったでしょう。

多分、皆そうでしたでしょうね。

 

「ここの桜、無くなっちゃったね。きれいでしたよね・・・」

地主さんの軽挙(?)を惜しむ、ほとんど怨嗟といっていい声が、その後しばらくの間続いていましたね。

 

個人の想いや声が、遠くの人にブログやSNSでは伝わっても、お隣や、すぐ身近なところに住んでいる人にはなかなか伝わらない・・・

そんな、ちょっともどかしいいまの世の中ではあります。

 

おそまつ。

 

▼こちらもどうぞ!

www.michikusakun.com

www.michikusakun.com