道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

【ネタバレ注意】眉村卓先生の傑作ジュブナイル「ねじれた町」を僕ならこう変える

f:id:michikusakun:20181001212530j:plain

 

「ねじれた町」という小説があります。

 

昔々あった、「ジュブナイル」と呼ばれていたジャンルの一作ですね。

書かれたのは、このジャンルの第一人者、眉村卓さんです。

 

眉村先生といえば、’81年に映画化された「ねらわれた学園」が何といっても有名です。

 

でも僕は、その「ねらわれた学園」よりも、

「ねじれた町」の方が数段面白いと、当時思っていました。いまもそうです。

 

ただ、読んでから数年したのち、

「もうちょいストーリーを変えたいな」とも、思いました。

 

勝手にいろいろと改造案を考え、それをノートに書きつづりました。

17~8歳くらいの頃のことです。

 

もちろん、ノートはすでに手元にはありません。

 

でも、頭の中にはちゃんと残っています。

 

その後、長い長い間、誰にも言わず温めていた壮大な物語!(笑)

いま、初めてここに公開です。

 

 

ふしぎな城下町Q市

 

主人公ユキオは中学生です。

銀行員の父の転勤で、古い城下町・Q市に引っ越してきました。

 

Q市はある奇妙な慣習を抱えた町でした。

年に一度、「鬼の日」とよばれる不思議な祭りがおこなわれるのです。

 

当日、外部の人間は残らず排除され、参加することも観ることもできない秘密の行事です。

 

ユキオはその運命により、やがてこの「鬼の日」に参加することになるのです。

 

そして、思いもよらぬことから、Q市のねじれた歴史を変えることになるのです。

 

それが、この「ねじれた町」の物語です。

  

手紙は過去へ届いていた

 

Q市に引っ越してきたばかりのユキオは、早速奇妙な体験をさせられます。

 

転居して間もない晩に、以前住んでいた町の友人にあてて出した手紙・・・

 

それがなぜか、転校先の中学校で初めて会ったはずのクラスメイト、太刀川克巳の家に届いているというのです。

 

しかもそれは、昨日今日届いたものではありません。

 

克巳の父親の曾祖父から、子へ、孫へと引き継がれてきたものでした。克巳の父親の曾祖父というのは、明治初めの頃、郵便物を配達していた人でした。

 

思い起こせば、ユキオがそれをポストに投じた晩にも、不思議なことが起きていました。

 

道に迷い、そこで出会った少女・花巻千恵子に連れられてたどり着いた、街灯も点っていない真っ暗な住宅街・・・

 

時代劇の背景を見るような古い家並みの中に立っていた、木箱のようなポストに、ユキオは手紙を投じたのでした。

 

その千恵子もまた、実はユキオの同級生でした。

 

千恵子はユキオに、「普通の人ならば、あの場所から自力で戻っては来れない。あなたは特別な人なのかもしれない」と、告げるのでした。

 

Q市の暗い秘密

 

Q市には、外部にはあまり知られていない秘密がありました。

 

市民は、まるでここが城下町だった時代さながらに、いまも二つに分断されているのです。

 

方や、城主以下の家来家中、つまり侍たちの血をひく「上の町」の人。

方や、町方の人々の血をひく「下の町」の人。

 

町方といっても、彼らはもともとこの地を支配していた旧領主の家来筋の人たちで、上の町の人々の先祖がこの地・Q藩へ国替えされたとき、侍の地位を強引に奪われた人たちでした。

 

両者を別ける線が、Q市では、社会のさまざまな場所や場面に、いまもはっきりと引かれているのです。

 

実は、鬼の日というのは、そうした日ごろ蔑まれている下の町の人々が、上の町の人々へ復讐を試みる日なのです。

 

この日の晩、Q市が不思議な濃い霧につつまれると、その力を得て、下の町の人々には特別な能力が宿ります。

 

想念がかたちになって現れるのです。

 

それは怪物のようなものだったり、人間と同じような姿をしていたり。

 

これが「鬼の日」の「鬼」なのです。

 

かたちとなった「鬼」は、上の町の人々のもとへ殺到し、襲いかかります。

 

これに対して、上の町の人々も不思議な能力で迎え撃ちます。

 

「この日だけ、時空を越えて先祖から借り受けることができる」と、彼らがいう力です。

 

家々伝来の刀や槍に光が宿り、これを振るうことによって、下の町の人々の生み出した「鬼」をうち払うことができるようになります。

 

それでも、ときには強力な鬼に襲われて大けがをする人や、精神的なダメージを被る人も現れます。

それらの事故が、現実の市政の運営などに影響をあたえることも少なくありません。

 

ユキオを不思議な街角へ案内した千恵子も、ユキオの手紙を大切に受け継いでいた家の息子である克巳も、どちらも、鬼の日に鬼を生み出す下の町の人間でした。

 

僕は鬼の日へ参加する!

 

やがて鬼の日が近づいてきました。

 

そんなある日、学校でもめごとが起こります。

 

片方のリーダーは、上の町の有力者の息子である那須勝之進。

もう片方は、下の町の少年達のリーダー、克巳。

 

あわやけが人が出そうになる中、なんとユキオがこれを収めます。

 

鬼の日でもないのに、しかもQ市の人間でもないのに、なぜか突然かたちになって現れたユキオの想念、つまり「鬼」が双方に襲いかかり、たちまち争いを鎮めてしまうのです。

 

これを見て、千恵子と克巳は、ユキオに鬼の日への参加を強く勧めます。

 

一方で、これまでのユキオに対する優しい態度を一変させたのが、担任の山城でした。

山城は上の町の人間です。「よそ者は鬼の日に関わるな」と、ユキオにきつく釘を刺します。

 

ところが、その後も執拗に続いた山城の干渉が、逆に、消極的だったユキオの気持ちを変えてしまいます。

 

ユキオは鬼の日への参加を決意したのでした。

 

支配者達の反撃

 

ユキオの参加により、鬼の日は、例年とは一変したものとなりました。

 

これまでの鬼の日には、多少はお祭り気分もありました。

 

しかし、ユキオの想念が実体化した「鬼」のすさまじいまでの強さが、上の町の人々を窮地に追い込みました。

 

これを見てすっかり勢いづいた下の町の人々に圧倒される中、このままでは現実世界での町の主導権も奪われると感じた上の町の人々は、ついに緊急の手段に打って出ました。

 

彼らは、かつて彼らの先祖が拠点とした城跡に集結し、下の町の人々をおびき寄せました。

 

個々が持つ刀や槍ではなく、彼らにとって最大の心のよりどころである武器・城跡に、力を集中させたのです。

 

形成は逆転。

 

城跡に踏み込んだ下の町の人々の周囲に、いまは存在しないはずの城壁や櫓が、次々と立ち上がりました。

 

それらの狭間から、本物のいくささながらに、鬼を倒す光の矢が撃ち込まれました。

 

鬼は全滅です。

 

しかも、矢による鬼へのダメージがあまりにも大きいために、本体である人間側にも、深手を被る者が次々と出始めました。

 

それを見て、千恵子が動きました。

 

ここに集まった下の町の人全員を一旦別の時空を経由させ、安全な場所へ移動させるというのです。

 

これこそが、千恵子のもつ「鬼」の力でした。

 

あの日ユキオをポストのある過去の街角へ導いた力です。

 

彼女は、ユキオが学校で鬼を出現させたのと同様、鬼の日当日でなくとも、わずかですがこの力を発動させることが出来るのです。

 

その原因はQ市を包む霧でした。

 

鬼の日を迎えると特に濃度を増し、特殊な能力を人々に与えるこの霧は、実は鬼の日以外の日も常時町を包み込んでいるのです。

 

力の強い者はそれを利用することができます。

 

ところがそこに、那須勝之進の槍から放たれた光が襲いかかりました。

光は千恵子を直撃し、彼女は人々を時空と時空のすき間に放り込んだまま、気を失ってしまいました。

 

さらにそれだけでは済まず、続けて口をひらいた別のすき間に一気に吸い寄せられていく千恵子・・・

 

引き戻そうと彼女の手を掴んだユキオもろとも、真っ暗な空間に消えて行くのでした。

 

千恵子の涙

 

ふとユキオが気づくと、すぐそばに小さくしゃがみ込み、千恵子が泣いています。

 

そこは、各時代のさまざまな情景が、周囲360度にわたり、スクリーンのように浮かんで見える、時と時のはざまのような場所でした。

 

居るのはユキオと千恵子だけ。

 

千恵子が気を失う前に移動させた克巳や下の町の人々は、千恵子が行き先をコントロールしてやれないまま、すでに遠い別の時代に飛ばされてしまっていました。

 

その姿は、ユキオの足もとの「スクリーン」に見えています。

 

千恵子によると、ここから見えているその姿は、飛ばされた先の時代ですでに数年を過ごしてのちの克巳達なのだとのこと。

 

厳しい環境の中で多くの人数が斃れ、克巳はじめ生き残った数少ない人々が、いま武器をとり、この時代の人々を先導しながら、反乱を起こそうとしているところなのだということでした。

 

それは、江戸初期、国替えによりQ藩にやってきたばかりの、新たな城主を襲うための反乱でした。

 

その後、Q藩を治め、のちにはQ市も支配することになる上の町の人々の先祖です。

 

Q市の歴史では、旧領主の家来たちが起こしたとされているこの事件こそが、上の町と下の町、町を二分する争いの始まりとされていました。

 

しかし、実はこの反乱は、時空を飛ばされ、帰る場所を失った克巳たちが、半ば自暴自棄になって主導し、起こしたものだったのです。

 

克巳たちはQ市の歴史を壊してしまうつもりでいました。

 

しかし、ユキオにはその結果が見えていました。

 

なぜならば、ユキオのいる場所から見える時空のスクリーンの中の克巳たちの姿は、彼ら自身気付いているのかどうか、まさにこの反乱を描いた古い絵図に描かれている人々そのものなのです。

 

その絵をユキオは、あの手紙を受け取った日、克巳の家で見ていました。

 

描かれた人々は皆、反乱が失敗して捕まり、刑場で殺された人々なのでした。

 

歴史の始まりは僕だった!

 

克巳たちを救いたい!

 

しかし、そうは思っても、彼らと同じ時代に飛び込んでしまっては、ユキオと千恵子も二度と元の世界には戻れません。

 

なぜなら、そのカギをにぎる能力をもつ千恵子は、Q藩およびQ市が、血なまぐさい反乱事件を経て、あの「霧」に包まれるようになってから生まれた人間なのです。

 

人々が鬼を生み出す能力や、千恵子のような特殊な能力が生じる原因となっているあの「霧」は、実は反乱が失敗し、殺された克巳達が最初に生み出したものでした。

 

それが、その後のQ市の暗い歴史を経てますます成長し、やがて町を包み込む「怨念の霧」となったものなのです。

 

つまり、この霧は、克巳達がいまから反乱を起こそうとしている時代には、まだ存在していないのです。

 

そのため、もしも克巳達と同じ時代に飛び込んでしまえば、千恵子は能力を失います。自分や他人を時空移動させることができなくなってしまうのです。

 

しかし、ユキオはあることに気が付きました。

 

それは、本当の歴史の始まりです。

 

Q市の暗い歴史は、ユキオの目の前でいま起ころうとしている反乱から始まりました。

 

しかし、その反乱は、克巳達が時空を飛ばされ、その時代にやって来なければ起こらなかったものである可能性が高いのです。

 

では、克巳達が時空を飛ばされた原因とは何か?

 

それは、鬼の日です。

 

ただし、例年どおりの鬼の日であれば、それは多少荒っぽくも風変わりな、いつものお祭りでした。

 

ところが、今回はユキオが参加したことによって、様相が一変したのです。

 

ユキオという人物ひとりがそこにいたために、騒ぎが大きくなり、克巳達が過去に飛ばされるようなとんでもない事態に陥ってしまったのです。

 

であるならば、すべての始まりは、もしかするとユキオ?

 

ユキオさえQ市にやって来なければ、今回の鬼の日は特別なものにならず、克巳達は過去に飛ばされず、Q藩に反乱は起こらず、そのため鬼を生み出す霧も、鬼の日も、生まれなかったことになるのでは―――?

 

君を忘れない

 

ユキオは千恵子に頼みました。

 

「僕を2ヶ月前の、前に住んでいた家に戻してくれ」

 

なぜなら、今回の父親の転勤についていくかどうかについて、実はユキオには選択肢があったのです。

 

以前から希望していた高校への進学のため、近くに住む親戚の家の部屋を借り、もとの町に居残ることも、彼には出来たのです。

 

「今度は僕はそっちを選ぶ。Q市には来ない。僕がQ市に来なければ、全てのことが起こらなかったはずだ。だからあの日に戻してくれ。一緒にQ市についていくと両親に告げてしまった、あの日に僕を戻してくれ!」

 

「それならできるかもしれない」と、頷く千恵子。

 

「急ごう!鬼の日の力が君にたくさん影響を与えているうちに」

 

ただし、その成功は、ユキオと千恵子にとっては永遠の別れを意味していました。

 

ユキオが2ヶ月前に戻り、彼が両親とともにQ市に引っ越してくるという歴史を変えた瞬間に、Q市のすべての歴史は変わってしまうのです。

 

ユキオがQ市にやってきて以来の、千恵子に出会い、克巳に出会った今日までの思い出も、すべてが消えて無くなります。

 

しかも、それだけでなく、代々Q市に続く家の娘である千恵子が、ともすればこの世に生まれない歴史となってしまう可能性も・・・

 

千恵子はそのことに気づきながらも、それでも時空の扉をひらき、ユキオを2ヶ月前の世界へと送り届けるのでした。

 

無事、2ヶ月前に戻ったユキオは、両親に、転勤には同行しないことを告げました。

 

その瞬間、ユキオの脳裏から、Q市でのすべての記憶が消え去りました。

 

再会

 

その2ヶ月後、両親の引っ越しを手伝うユキオの姿が、Q市にありました。

 

Q市は小京都といわれ、古い町並みが人気の町です。

 

「小京都のハロウィン」などとよばれている仮装行事「鬼の日」には、大勢の観光客が見物に訪れます。

 

日本のハロウィンは、Q市の鬼の日が話題になったことがきっかけで広まりました。

 

引っ越し作業の終わった夕暮れ、両親を残して翌朝ひとりでQ市を去ることになっているユキオは、父に頼まれた手紙を手に、Q市の古い街角を歩きました。

 

通り過ぎていく剣道着の少年。

太刀川克巳のようです。Q市の新しい歴史の中に生まれた新しい彼に、もちろんユキオは気がつきません。

 

さらに歩き、ポストを探していると・・・

 

自転車で横を通り過ぎた女の子が、振り返って、彼に声をかけました。

 

千恵子です。

 

その指さす方向に、ポストが立っています。

 

ただし、木箱ではありません。オレンジ色の円柱型のポストがそこに立っていました。

 

「ありがとう」

 

そう告げて、道路を渡っていくユキオの横顔をどこか怪訝そうにしばらく眺めたのち、走り去っていく千恵子。

 

ユキオもまた彼女を振り返り、なぜか理由のわからない懐かしさを感じつつ、自転車をこぐ後姿をしばらく見つめていたのでした。

 

以上。

う~ん、長くなっちゃった!

 

おそまつ。

 

よかったらこちらも!

michikusakun.hatenablog.com

東京のすぐ近くなのに「ねじれた町」に出てきてもいい街角があちこちに佇む、僕の好きな町「川越」 

michikusakun.hatenablog.com