道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

とても好きな日本語「大兄」。司馬遼太郎さんが開高健さんに贈った尊称です

f:id:michikusakun:20181019153408p:plain

 

こんにちは!

穏やかな口調を装いながら、ときどき現代日本語を辛辣にディスっているこのブログ。

 

先日は「ありがとうございました」を。

少し前には「面接官」や「株式」「ホームページ」をやり玉に上げ、じわじわと絞め殺しを楽しんでいるところです。

 

なにしろワタクシ、ガジュマルの木(絞め殺しの木、ですね)がやたら好きだったりもしますので。(笑)

 

www.michikusakun.com

www.michikusakun.com

www.michikusakun.com

 

そこで一転、

今回は、僕が日本語で、もっとも好きな言葉のひとつです。

 

それは「大兄」です。

「たいけい」と読みますね。

 

この言葉は、基本的にはお兄さんのことを指したり、あるいは肉親でなくとも年上の男性、または同い年程度の男性を指すものとされています。

 

もちろん敬称です。大兄=大いなる兄。

 

ただ、素養のある人は、昔からこの言葉をもう少し粋に使うんですね。

 

どう使うかというと、年下に向けて言うんです。あえて。

 

10や20も離れた年下に対しても、「大兄」。

相手が一人前の大人でさえあれば。

 

この粋な使い方もふくめた上で、大兄という言葉が僕はとても好きです。

 

ちなみに、中国語にもこの言葉はあって、友人に対して使うときは日本語の場合(上記のうち本来の場合)よりも、少し対象が広いようにも聞いています。

なので、もしかすると大兄の粋な使い方というのは、幾分か大陸風なのかもしれませんね。

 

そうしたかたちで「大兄」を使った、僕がもっとも美しい例だと感じているのが、故・司馬遼太郎先生による、故・開高健さんへの追悼文です。

 

これは、開高健さんの葬儀の際(1990年1月)、司馬さんが実際によまれたもので、司馬さんの「十六の話」(中公文庫)に収録されています。(下にリンクを置きました)

 

「悠々として急げ 追悼開高健」(筑摩書房)にも収められていると聞いていますが、こちらは僕は確認していません。

 

このなかで、七つ年下の開高さんを司馬さんは大兄と呼んでいます。

 

「大兄の文学もその生涯も、吹き込んでくる霰のようにかぎりなく美しいものであった」―――。

 

司馬さん、開高さん、両方の作品をいくらかでもお読みの方で、ご興味の湧く方がいたら、一度読んでみてください。

 

戦慄すべき文章です。

 

二千年後の人もそう感じるでしょう。

そのとき日本語と日本人がこの世に残っているかぎりは。

 

この「大兄」というもったいない言葉を20歳以上も年下である僕に、かつて、いつも使ってくださった方がいます。

 

少し前にこのブログに書いた「フィクサー」さんです。

 

「大兄よりのお手紙、拝読いたしました」

なんて、よく葉書が届いたものです。筆ペン書きで。

 

ちなみにこの人、ハガキ魔でした。

 

初めて会った人のもとには2日後までにはかならず葉書の挨拶状が届く・・・

それが、この人の人付き合いの流儀でした。  

 

www.michikusakun.com

 

さて、とりとめもなくそんなところなんですが、

この僕の好きな「大兄」という言葉とその粋な使い方、

 

ひょっとすると、ゆくゆくは無くなってしまうかもしれません。

 

なぜか?

 

それは、女性に対して使える同じ意味の言葉が無いからなんです。

 

「大姉」だと、戒名になっちゃいますでしょ?

 

僕がいま、たとえばたまたま20歳年下の女性と知り合って、人間としての尊敬を感じたとする。

すると、彼女を称して贈る言葉が見つからないんですね。

 

「大兄よりのお手紙、拝読いたしました」

とは、書けないんです。

 

「女史」も持ってこられません。この言葉にはアイロニーの色がこびりつきすぎていますから。

 

さてさて、どうしたものか。

 

アニメやアイドルの世界あたりから、何かいい言葉が生まれてくれませんかね?

 

何か出てきてくれないと、そろそろ間に合いません。

僕くらいのトシになると、デキる、かっこいい年下の女性が、メディアにも現実にもどんどん現れてきちゃう毎日になっていますから。

 

誰かどうにかして!

と、日々期待しています。

 

おそまつ。

 

▼司馬先生の「十六の話」(画像のリンク先はamazonです)

amazonで買う

楽天ブックスで買う

Yahoo!ショッピングで買う

 

(イラストは「かわいいイラストが無料のイラストレイン」さんより)