道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

Yahoo! プレミアムに加入。え!「B.LEAGUE」全試合が観られるの!? これはうれしい!

f:id:michikusakun:20181126155928p:plain

 

こんにちは!

今回は前回に続いて、「先般、Yahoo! プレミアムに加入し、その後結構楽しい思いをさせてもらっている」と、いう内容です。

よかったらぜひご参考に。

 

(前回記事)

www.michikusakun.com

 

Yahoo! プレミアムのサービスの中に「バスケットLIVE」がある!

 

これ、僕は事前にはまったく知らずに、Yahoo! プレミアムに加入したんです。

ところが加入後、数日経ったのちに、つらつらとサービス内容を見ていくと・・・

なんと、

「B.LEAGUE」全試合を観られる「バスケットLIVE」がラインナップされているではないですか!

ムム・・・さては追加料金が・・・?

無い!

これはうれしい!

おもいきりどデカいボタモチが、棚からドーンと落っこちてきました。

 

ちなみに、Yahoo! プレミアムさんからの公式アナウンスはこうなっています。

 

「バスケットLIVEでは、B.LEAGUE(B1・B2全試合、オールスター)、Wリーグ(※)、ウインターカップ全試合、その他アマチュアの試合、日本代表ハイライトなど盛りだくさんの内容でお届けします。(※・・・レギュラーシーズン11試合、プレーオフ、オールスターゲームを配信)」

(2018年09月26日付広報)

 

とりわけ注目はここです。「B1・B2全試合」というところ。

あの「DAZN」でさえ、配信はB1公式戦までですから。

B2もですよ。すごい!

 

ただし、よく調べるとこの「バスケットLIVE」、日本代表戦については、その全てまでが網羅されていないらしく、惜しくも画龍点睛を欠いてはいるんですが・・・

いやいや、これで十分。

十分ですよ。

なんてったって、僕にとってはこれ、おもいっきりのタナボタですからね!

 

応援しがいがある(?)ビッグクラブ・アルバルク東京

 

B.LEAGUEのクラブで、いま僕が一番肩入れしているのが、ALVARK TOKYOです。
「アルバルク東京」。

試合、観たかったんですよ。ライブで。あるいは好きな時間に。

 

なお、アルバルク東京をあまりご存知ない方のために紹介すると・・・

 

ホームタウンは東京。しかも渋谷区。

ホームアリーナは天下の「国立代々木競技場(第二体育館)」。

親会社はこれまた天下の「トヨタ自動車」。

 

とにかくもう、これでもかというくらいのビッグクラブでしょ?

 

しかも、ちゃんと強い。(前シーズンは優勝しました)

 

なので、B.LEAGUE発足の頃なんかは、きっと僕らかその上くらいの年代の方なんでしょうね、「読売巨人軍」にたとえる人がいたりして、もう、ヒール感アリアリのありまくりなんです。

チームカラーも赤と黒。挑発的なくらいにヒールっぽい。

 

ALVARK(アルバルク)というネーミングだってそうですね。「電撃」。アラビア語から採られています。

アラビア語なので「アル=神の御名」から始まっていて、そこに「バルス!」ですから。

あ、違った。「バルク!」ですから。

天より放たれリングに突き刺さる稲妻一閃!

―――と、いった感じですね。

 

「秋田ノーザンハピネッツ」とか、「京都ハンナリーズ」などといった、お花畑な雰囲気など、これっぽっちも、ひとっかけらもありません。(わざと暴言です。笑ってご容赦を)

 

とにかく、アルバルク東京のこのヒール感、スラムな感じ、いいですね。すごくいいです。

 

バスケットボールというスポーツには、ぜひあってほしいカラー&キャラだなあ、ということで、僕はこのクラブ・チームがとても好きです。

 

ただし、選手は別にヒールじゃありませんよ。

田中大貴選手なんか、お公家さん顔で、こっちの方がよほど「はんなり」しています。

 

なお、アルバルク東京は、現在、東京オリンピック・パラリンピックに向けたホームアリーナの改修工事のため、「駒沢オリンピック公園総合運動場体育館」および「アリーナ立川立飛」をホームとして使用しています。

 

ちなみに、調布、府中、立川、日野、さらに埼玉の所沢まで入れて、東京西部・多摩川沿いのこの一帯って、サッカー、ラグビー、野球、フットサル・・・最近はまるで一大スポーツ街道ですね。

 

いま「B.LEAGUE」を観ると歴史の立会人になれる

 

余計なことかもしれませんが、 いま、誕生したばかりの「B.LEAGUE」を観ておくことって、僕は子どものみんなや若い人にはとてもおススメなんです。

 

それは、Jリーグでの経験が僕らの世代にはあるからなんです。

 

プロスポーツリーグの草創期って、草創期だけに、やっぱり思い出深いエピソードがたくさん生まれるんですよね。

否、生まれるというよりも、それが同時に観ていた人びとの胸や脳裏にしっかりと共有されやすいんです。

レジェンドが創られやすいんですね。

 

野球の沢村栄治がいい例でしょ?

戦争を挟んで、西鉄黄金時代、金田400勝、長嶋天覧試合・・・

 

その点、僕らは子どもの頃、プロ野球の草創期を知っている人たちから飽きるほどそういった「伝説」を聞かされました。ときにはことさらオーバーに。

 

そして、そんな僕たちがその後大人になり、ナマで立ち会ったのがJリーグの誕生なんです。さらにその後の数年間のブーム、四半世紀をかけてのすばらしい成長です。

 

ゼロからの全部を見てきたから、余計に楽しいんですね。

 

なので、おススメなんです。B.LEAGUE。

Jリーグのスタートのとき、テレビ中継が目白押しだったみたいに、露出がたくさんされないのがホントに惜しいなあ、と思ってたんですが、

Yahoo! プレミアムで「B.LEAGUE」。

これがあるんなら、入口としていい選択だと思いますよ!

 

以上、おそまつ!

 

(冒頭の画像は、Yahoo! プレミアムさんのサイトから引用しています)