道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

冬のミッション。火の用心の「夜回り」をやっていて、これはいいな!と気づいた3つのこと

f:id:michikusakun:20181219192206p:plain

こんにちは!

 

ところで、僕は「夜回り」をやっています。

「火の用心~」と、呼びかけつつ、拍子木を叩きながら近所の夜道を歩くアレです。

 

始めてもう4年くらいですかね。

今シーズンも、来月と翌2月、週に一夜づつ歩きます。

 

毎年の冬の重要ミッションですね。

 

もっとも、歩く場所は、いま暮らしているところではありません。

 

数年前まで住んでいた集合住宅の周辺なんです。

 

当時、町内会長さんから、人手がほしいといわれて始めたんですが、そのまま引っ越したのちも出張参加させてもらっている格好です。

 

われながら、奇特といえば奇特な人物ですよね(笑)

 

この、冬の夜回りというものをやっていて、いくつか気がついたことがあります。

挙げてみますね。

 

1.声の効能

 

声を出すこと、それ自体がよい運動になることが、とてもよく判ります。

冷え切った夜空の下、大きな声で「火の用心」を唱えながら歩き出すと、たちまち身体が温まってくるんですね。

「無言」で歩く時とは、感じる寒さが段違いといっていいくらいです。

声出ししながら大股でぐんぐん歩く―――。

アスファルトからの衝撃によるダメージや、心肺への負担を思えば、ひょっとするとランニングするよりも、トータルではいい運動になっているのかもしれないなと、いつも思っています。

 

2.防火以上におそらく「防犯効果」が高い

 

なぜそう感じるか?

理由は「挨拶」なんですね。夜回りをしていると、見知らぬ通りがかりの人がよく「ご苦労様です」などと声をかけてくれます。

もちろんこちらも、人を見かければ「こんばんは」と声をかけます。

夜回りというシチュエーションが、シャイな日本の都会の住宅地の人びとに、気軽に声を交わし合う勇気を与えてくれるんです。

「火の用心」とは言いますが、おそらく防犯効果の方が何倍も高いはずです。

 

3.サザエさん症候群が無くなった?

 

これは僕ではないんですが、同じ夜回りに参加している会社員の方のお話です。

「たまたま担当が変わり、日曜夜のグループに入れてもらった」ところ、

月曜日の出勤が憂鬱になって日曜の夕方から元気を失う、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされることが無くなったのだそうです。

大きく声出ししながら夜回り・・・

家に帰ってお風呂にザブン・・・

気持ちよくグッスリ・・・

そんなパターンが続いている間は、「月曜朝でも元気に起床。気分よく出勤できる」が、とりあえず保証されるんだとのこと。

―――なるほど。いいじゃないですか。

地域に貢献、心も健康に。何よりですよね。

 

以上、「火の用心の『夜回り』をやっていて、これはいいな!と気づいた3つのこと」でした。

おそまつです。

 

(イラストは「無料イラストなら「イラストAC」さんより)