道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

代官山に行くのなら、西郷山公園と菅刈公園(すげかりこうえん)で、東京の空を眺めなきゃ!

f:id:michikusakun:20190215185218j:plain

 

こんにちは!

 

先日、代官山を歩いてきました。東京の代官山。

仕事のついでです。

 

起伏に富んだ地形。

洒落たお店の多い賑やかな通りから外れた路地の静けさ。

 

似た感じを味わえる原宿あたりよりも、僕は、坂の街・代官山の方がやや好みです。

 

代官山駅の中央口に降り立ち、角を右、左と曲がって旧山手通りに出たあと、右手(北西)に向かってしばらく歩きます。

 

すると、左手に公園の入口が見えてきます。

「西郷山公園」です。

 

景色のすがすがしい公園です。

 

東京都心の公園の中では、ここが一番、「山の上だなあ」という雰囲気を味わえるんじゃないでしょうか。

夜景もとてもきれいです。

 

f:id:michikusakun:20190215163934j:plain

f:id:michikusakun:20190215164015j:plain

f:id:michikusakun:20190215164048j:plain

 

 

西郷山公園の「西郷」は、人の名前から採られています。

西郷従道(じゅうどう/つぐみち)の西郷です。

西郷隆盛の弟さんです。

1902年(明治35年)没。

海軍大臣、内務大臣、貴族院議員などを歴任・・・

 

西郷山公園は、西郷従道の邸宅があった跡地なのです。

それ以前は、豊後岡藩藩主・中川家の抱(かかえ)屋敷(別邸)があったところでした。

 

代官山駅から歩いてくると、坂がなだらかなためあまり気がつきませんが、西郷山公園の西側は、駆け下るような崖になっています。

降りてみましょう。

 

f:id:michikusakun:20190215171359j:plain

f:id:michikusakun:20190215171426j:plain

f:id:michikusakun:20190215171458j:plain

なお、この日はネコが道案内。

 

降りきると、その先には道路が横たわり、住宅地が果てしなく広がっているように見えるんですが・・・

実は、家並みの向こうにはもうひとつ公園が広がっています。

「菅刈公園(すげかりこうえん)」です。

住宅地を迂回して向かうかたちとなります。

 

 

この菅刈公園もまた、西郷従道邸の跡なんです。

つまり、菅刈公園と西郷山公園はもともと一体だったんですね。

 

いまは道路と家々が、かき分けたように両者を隔てているんです。

 

そのうち、邸宅があったのは、西郷山公園の方ではなく、菅刈公園の方です。

洋館と和館が並んでいました。

 

洋館の建っていたあたりでは、この日は白い梅が咲いていました。

 

f:id:michikusakun:20190215173829j:plain

 

なお、明治10年代はじめに建てられたこの洋館ですが、いまも生き残っています。

ただし、場所は東京ではありません。

 

愛知県犬山市にある「博物館明治村」に移築され、大切に保存されています。

 

f:id:michikusakun:20190215174313j:plain

(博物館明治村のサイトより引用)

 

www.meijimura.com

 

さらに、近年の調査で、この公園の地面のすぐ下には、大名庭園時代の遺構もさまざま残されていることがわかりました。

 

それらを目黒区が発掘、整備し、復元。いまは美しい庭がよみがえっています。

 

f:id:michikusakun:20190215174805j:plain

 

この庭園のそばに、建物があります。

 

f:id:michikusakun:20190215175822j:plain

 

和館です。

ただし、これはもともとあった西郷従道邸の和館ではなく、新しく建てられた目黒区の公共施設です。

いわば、新和館。

旧和館は、空襲により焼失しています。

 

新和館の中には展示室もあります。

主に西郷従道に関する資料が展示されています。

とても小さなミュージアムですが、なかなか見ごたえがありますよ。

入館は無料です。

 

f:id:michikusakun:20190215180415j:plain

 

さらには、モグラにトカゲ、ヒキガエル・・・

公園内には、都会の海に浮かぶ小島のような「小宇宙」に暮らす住人も、意外にたくさんいるようです。

 

f:id:michikusakun:20190215180949j:plain

f:id:michikusakun:20190215185417j:plain

 

以上、

「代官山に行くのなら、西郷山公園と菅刈公園(すげかりこうえん)で、東京の空を眺めなきゃ!」

と、題しての、二つの公園の紹介でした。

どうぞ皆さんも、機会があれば。

 

ところで、西郷従道といえば・・・

ひとの上に立つ者としてのすぐれたセンスと、懐の深さで知られた、この人物の魅力を語るエピソードをひとつご紹介しましょう。

 

西郷従道は、本当は従道ではなく「隆道」という名前だったんです。

お兄さん(長男)は隆盛(ホントは隆永)、弟は隆道という関係ですね。

 

ちなみに、もうひとりのお兄さんは隆広です。従道よりもさらに下の弟は隆雄(たかかつ)です。

 

なお、西郷従道の通称は「信吾どん」。

長男は「吉之助さあ」です。有名ですね。

 

さて、この「隆道(りゅうどう)」という、西郷従道の本当の名前(本来は諱・いみな)なんですが、明治になり、届出の際、役人に聞き間違えられてしまったようなんです。

 

「りゅうどう」→「じゅうどう」と。

 

さらに、役人はそれをあろうことか「従道」の文字で登録してしまいました。

 

西郷家の男であることを示す大事な「隆」の字が・・・!

 

ところが、それを知った西郷従道、

「なんと、オイはジュウドウでごわしたか!」

 

とか言ったとか、いわないとか。

 

そのまま気にせず、生涯、従道のままで通しました。

 

そのため、西郷従道は、彼を含む男兄弟の中でただひとり「隆」の字がつかない人となってしまっています。

 

僕はこの話、ものすご~く好きですね。

 

以上、おそまつ!