道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

レベッカの黒歴史? マテリ・・・じゃなかった「ラブ イズ Cash」はやっぱし名曲だな~!

f:id:michikusakun:20190312024453j:plain

 

こんにちは!

 

さてさて、僕は売り場を歩くこと自体が好きなこともあって、色んなスーパーマーケットに行きます。

 

幸いにして、自宅からの徒歩圏内にも、となり駅の周りにも、スーパーはたくさんあります。

 

参考ながら、アコレという店は安いですね。

店内はどこもやたら暗いけど。

 

サミットストアはお店が明るくて、明るい店員さんも多い印象。

 

西友は、やはりウォルマートっぽい、あのアメリカンな感じについウキウキとしちゃいます。

 

対して、イトーヨーカドーの日本っぽさって、何だろう。

子どもの頃に見た「街のデパート」のにおいが、イトーヨーカドーではあちこちに残っている感じがします。

 

行くと大抵長居するのはイオンです。

 

僕がたまに行くイオンは、それほど大きい店ではないんですが、本屋さんが入っていたり、家庭雑貨売り場があったり、退屈しませんからね。

 

で、中をぶらぶらしていると、やたらと耳に入るのが、80年代あたりの洋楽です。

 

さては、ねらっていますかな。

それらを聞いていたくらいの世代を。

 

いやいや、そうではないでしょう。古すぎます。

 

ともあれ、やたらと80年代が響いてきます。

 

よくかかるレイ・パーカー・ジュニアの「ゴーストバスターズ」なんか、あらためて聴くと、思わず買い物を促されるような感じの曲ですね。1984年。

 

「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」。シンディ・ローパー。1983年。こちらもそう。

 

さてさて、そんな中、僕の大好きな一曲もたびたび流れてきます。

 

「マテリアル・ガール」です。

マドンナ7枚目のシングルです。1984年。当時は街中で歌声が聞こえていました。

 

そして、僕はこのマテリア・ガールを聞いていると、ついつい、いつも自然とほくそ笑んでしまうんです。

 

なんのこと?

と、問われれば、

これを思い切りパクったヒットソングが日本にありますね。

 

レベッカの「ラブ イズ Cash」です。1985年。3枚目のシングルです。

 

僕はこっちも大好きなんです。

 

しかも、おそらくは「ラブ イズ Cash」の方が音楽としてわずかに出来がよい気がします。

 

レベッカを一気にスターダムにのし上げた、「フレンズ/ガールズ ブラボー!」のひとつ前の作品ですね。

 

バンドが生き残れるかどうか。

将来を賭けた、なりふりかまわぬ企画だったようにも感じられます。

 

なぜって、繰り返しますが、あまりにもパクり具合がすごいんだもの。(笑)

 

で、繰り返しますが、僕はこの歌がとても好きです。

 

ちなみに、僕が尊敬してやまない清志郎にも、元春にも、あからさまな事例がありますが、これって、80年代の青春を生きたわれわれに共通する胸の痛みですね。

 

もって瞑すべし。

 

これからもみんなでイタミを抱えて生きていきましょう。

 

なお、僕のレベッカ・ベスト4は以下のとおりです。

順位はつけられません。

好みの合う人、いらっしゃいますかね。

 

「ラブ イズ Cash」

「WHEN A WOMAN LOVES A MAN」

「(it's just a) SMILE」

「ONE MORE KISS」

 

このうち「ONE MORE KISS」のビデオクリップは、岡村靖幸の「だいすき」「Dog Days」と並んで、僕がもっとも好きな’80年代音楽ビデオクリップのひとつです。

 

最近は「ビデオクリップ」と呼ぶんじゃなく、また「プロモーションビデオ」が主流になってきていますかね?

 

まずは、おそまつ!

 

(写真は「写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK」さんより)