道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

五分刈りは「花粉症」に効くのか? 自分を使い実験してみた、その結果をお伝えします

f:id:michikusakun:20190305170842j:plain

 

こんにちは!

 

4月も半ばも過ぎました。

そろそろ今年の春の花粉の季節も終わりですね。

 

さて、

いまからひと月半ほど前、僕は床屋で頭を五分刈りに刈ってきました。

 

目的はある実験です。

 

「花粉症に五分刈りは効くのか?」を確かめてみようと思いました。

 

根拠はこうです。

 

・花粉が宙に舞う時期、外出すると、たくさんの花粉が髪の毛にくっつくことになる

 

・帰宅後、くっついた花粉が顔に落下する

 

・それが目に入り、鼻に吸い込まれる

 

・そのことで、花粉症の人は家の中でも花粉に苦しむことになる

 

―――で、あるとするならば、

 

髪の毛を思いきり短くしてしまえば、その状況は幾分か改善されるのではないか?

あるいは、かなり改善されるのではないか?

 

そんな単純な仮説にもとづいての実験でした。

 

www.michikusakun.com

 

結果をお伝えしましょう。

 

例年に比べ、今年の花粉の時期は、

驚くほど快適でした。

 

ちなみに、前回の記事でもふれたとおり、僕の花粉症は、苦しんでいる多くの皆さんにくらべて大変軽微なものです。

 

その年の気候にもよるんですが、例年3月半ばくらいになると、

「目がかゆいなあ」

と、感じることが増えてきます。

 

それは概して、気温が上がった日に起こります。

 

加えて、暖かい日にたまたま外出時間が長いと、目だけでなく、鼻の穴や、面白い場所がかゆくなります。

 

その面白い場所とは、喉の奥の上の辺り一帯です。

 

喉というよりも、もはや鼻腔の一部というべきなのかもしれませんね。

若干くすぐったいような、なんとも奇妙な感じのかゆみが、その辺りの広範囲に広がります。

 

その程度なんです。

 

その程度ではあるんですが、

「あ、体が花粉に反応しているな」

と、とりあえずは思える日が、毎年合計10日くらいは数えられます。

 

症状がまったく出なくなるのは、決まって、桜が散った直後くらいです。

 

と、いった前提の上で、

今年なんですが・・・

 

目がかゆくなった日は、なんと、合計たったの3日間です。

 

後者、「面白い場所」の方の症状に至っては、結局一度も現れません。

 

いやはや、

なんとも快適!

 

そんな今年の花粉の季節でした。

 

すると・・・

やはり効いたのでしょうか、五分刈りが?

 

正確にはわかりません。

僕自身の体質が、一昨年より昨年、昨年より今年と、より改善されているのかも知れませんからね。

 

前の記事にも書きましたが、

30代、40代、そして50代と、僕はなぜかだんだんと花粉症の症状からは縁遠くなってきているんです。

 

ただ、ひとつ、

付け加えると、今回僕はこんなこともしていました。

 

外出から戻った際、僕は洗面所で頭を払っていたんですね。

 

五分刈り頭をパタパタ叩いて、ホロっていたんです。

そして顔を軽く水洗い。

タオルで拭く。

もちろん手も洗う。

 

そうしたうえでの上記の結果です。

 

なので、もしかすると、

「外で髪の毛にくっつけてきた花粉が、帰宅後に舞い落ちて目や鼻を襲っているのではないか?」

と、いう仮説は、やはり当たっているのかもしれませんね。

 

その心配がないよう工夫した結果が、僕の場合、一応は成功に結び付いているわけですから。

 

さらにそうなると、

「五分刈りは花粉症に効く」の方も、やはり同様に言えないわけでもないわけです。

 

さて、いかがなもんでしょう?

 

そこのつるっパゲの人、どうです?

花粉に苦しんでますか?

快適ですか?

 

以上、おそまつ!