道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

「説明責任を果たしなさい」なんて言うから、説明してもらえないハメになる

f:id:michikusakun:20190429171039p:plain

「マヌケだなあ」

と、僕がいつも思っている言葉を挙げますね。

 

「説明責任」です。

 

議員さんが論戦するときや、社会的な問題を起こした人が責められるときによく使われます。

 

「説明責任を果たしなさい」

って。

 

これ、間抜けな言葉です。

何がマヌケかって、こんな変な言い方をするから「説明」をしてもらえないんです。

相手に。

 

こんなマヌケな言葉で追及するから、

話が

「のれんに腕押し」

「隔靴掻痒」

な、ストレスのたまるものになっちゃうんです。

いつだって。

 

じゃあ、「説明責任を果たしなさい」と言わずに、どう言えばいいのか?

 

簡単です。

 

「説明しなさい」

で、いいんです。

 

あるいは丁寧に

「ご説明ください」。

 

両者の違いを簡単に説明(←笑)しますね。

 

説明責任を果たしなさい とは

 

まずは「説明責任を果たしなさい」です。

ハイ、

これ、動詞はどこにありますか?

 

そうです。「果たしなさい」のところにありますね。

「説明責任を果たしなさい」という場合、「果たす」が動詞になるんです。

 

一方で、

「説明責任」は、この場合、目的格であり、名詞ですね。

 

「説明する」という動詞をもともと含みながらも、それが「説明責任」というかたちでパッケージされることによって、名詞化しちゃってるんです。

 

これがマズい。

と~ってもマズいんです。

 

なぜか?

 

端的にいいましょう。

 

「説明責任を果たしなさい」

 

この求めに対しては、

なんと、ノーコメントが回答になりうるんです。

 

たとえば

「説明責任を果たしなさい」

に対して、求められた側がこう答えるとします。

 

そのことについてはですね~

 「記憶にありません」

 「お答えできる立場にありません」

 「わたしにはわかりません」

 「答えられないんですう!」

 

これ、どれもが、半分正しい答えになっちゃうんです。

 

なぜって?

これで「責任」の方は十分に「果たして」いるんだもの。

 

「記憶にない」「答えられない」と答えることで、

この人は、

説明自体は何もしていないけれど、

「アクション」だけはし終えている。

 

アクション、つまり「果たす」の部分です。

この人、「果たして」はいるでしょ? 責任を。

 

アクションは終えた。要求されていた Do が Did になった。

 

Do が Did になったことで、なんとなく全体が終結したかのような感じになる(ホントは半分です)。

そんな空気が醸し出される。

 

もちろん、説明自体はさっぱりされていませんよ。

けれども、「説明責任」は「果たされた」気分になる・・・

 

ハイ、これです。

これが、言葉の中で動詞を安易にずらすことの非常にマズい結果です。

 

説明しなさい の場合は

 

じゃあ、「説明しなさい」の場合はどうでしょう?

 

これに対して、

「記憶にありません」

「お答えできる立場にありません」

「わたしにはわかりません」

「答えられないんですう!」

 

なんて答えると、それはいずれも回答そのものを拒否することになりますね。

要はケツをまくるかたちです。

 

どうしてそうなるかというと、

こちらでは、さっきの「果たす」ではなく、

「説明」そのものが、回答者に求められたアクションになっているからなんです。

 

なので、

この場合の「記憶にない」「答えられない」は、

さきほどとは違って、

「アクション」として周りに認めてはもらえないんです。

 

つまり、回答者に求められた Do を

回答者は全く Did に出来ていないかたちになっちゃうんですね。

 

要求された Do を Did にできない回答者は、

不誠実であるか、

もしくは、

言葉を理解し、対応する能力をもたないことがそこで示されます。

 

すなわち、

ズルいとみられるか。バカと見られるか。

 

すると、どちらも嫌なので、回答者は自分で自分を追い込んでいくわけです。

 

これが、言葉の中で動詞を安易にずらさないことの効用です。

動詞を安易に名詞化しないことのメリットです。

 

「任命責任は総理にあると思います。いかがですか」

「ハイ、任命責任は私にあります。以後気をつけます」

 

で、終わりでしょ?

 

任命責任、なんてマヌケな言葉を使うからです。

 

「正直どんなところを見込んで、総理はあの方を大臣に任命されたんですか?」

の方が、総理はずっと答えにくいでしょ?

 

「ええと・・・へへ(オレの顔見て事情察してよ)」

の世界ですね。

 

前者の「任命」は「任命責任」なんて言いくるめられて名詞化しているけれど、後者の「任命」はナマな動詞のまま。

なので、こうなるわけです。

 

以上、 

名詞化しなくてもよい動詞をわざわざパッケージにくるんで名詞化し、そこに動詞をくっつけて言葉をぼんやりしたものにする。

要は動詞をずらす。

 

世の中のつまらないスピーチなんて、ほとんど中身がこれで出来上がってますぜ!

と、いう説明です。

 

おそまつ!

 

(イラストは「かわいいイラストが無料のイラストレイン」さんより)