道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

福岡に住みたいなと、最近突然思い始めたハナシ

f:id:michikusakun:20190509145251j:plain

 

福岡に住みたいなと、最近突然想いが湧きあがり、以来、どうも悶々としています。

 

福岡市。

実にいい感じの街になっていますね。いま。

 

追い風が吹いています。

 

日本に現在数少ない、満帆に風をはらませたような街です。

 

とにかく位置がステキです。

 

釜山、台北、上海、そして沖縄・那覇。

個性アリまくりな、とても勢いのある街々とともに、ぐるりと東シナ海をとり囲む姿が何やら未来を感じさせます。

 

この視点からは、東京がなぜかひどく田舎に感じますね。

ついでに北京もです。

 

きっかけは頼まれた原稿です。

不動産投資家向け会員制のサイトに載る記事です。

 

この春、

その中で、名古屋~大阪~福岡と、各都市に数日づつ出張滞在するような仕事をしたんです。

もっとも、実際に旅したわけではありません。

ネット画面の中で、ですが。(笑)

 

各都市の鉄道網を調べ、沿線、各駅ごとの人びとの流れなどを把握しながら、Googleマップで現地の画像もにらみつつ、

賃貸不動産物件が集積する地域の人気の理由を追っていくような仕事でした。

 

そこでいよいよ最後の福岡に差し掛かり、天神から西鉄沿線、博多から地下鉄空港線沿線・・・と、町々を辿っているうちに、

ビビビ!

と、来たんです。(笑)

 

「あ、ここに住みたいぞ。オレは!」

と、いういきなりの想いです。

 

ビビビ!ですね。

古い人向きに。ねずみ男の方じゃなく、もちろん聖子ちゃんの方です。

 

ちなみに、

僕は将来、一ヶ所に腰を据えず、旅をしながら暮らしつつ、旅先で人生を終えるような一生を手にしたいといつも思っているんですが、

それでも、一応拠点がなければ、いろいろと困ることもあります。

 

ところが、その拠点をいま暮らしている関東に、と想像すると、なんとなくそれには違和感があるんです。

 

大好きな川越・・・次に好きな東京都府中市、さらに埼玉県小川町・・・と、考えても、

いずれもどこかちがうんですね。

 

それが「福岡」と考えると、なぜかやたらしっくりときます。

 

引っ越ししたくなりました。

その前に、会社をつぶしてこさえた借金を早くなんとかしないといけませんが。

大分減りましたが、まだ200万円近くありますからね。

 

東京好きの愛人の幸せをどうしてやるかも課題です。

 

僕が福岡に住まわせてもらうとして、

僕は何を福岡に提供できるでしょうか。

 

小さなことですが、

福岡の賃貸住宅の大家さんをおそらく何人か幸せにしてあげることが出来るはずです。

と、同時に入居者も。

 

ただし、仲介会社や管理会社から名刺をもらってメンバーになるよりも、

僕は、街づくりそのものにリアルな地べたのビジネスからアプローチしようとしている皆さんに向けて、

癒しとヒントと、

リスクヘッジを授けるおじさまになって差し上げる方が、合っている気がします。

 

なお、福岡は日本屈指の賃貸住宅の激戦地です。

 

ただし、市場がシュリンクしている中での激戦なのではなく、拡大している中での激戦であるところが魅力的でもあるんですね。

 

福岡市の前々回から前回までの国勢調査における人口増減率は、+5.1%です。

 

東京(区部) +3.7%

横浜 +1.0%

名古屋 +1.4%

大阪 +1.0%

 

いまの日本における都市人口の増加については、

その人口が都市に漂着しているものなのか、

あるいは、都市の成長に自ら参画するためやって来ているものなのか、

その違いがとても重要なはずなのですが、

上記の福岡の数字には、そのあたりでのほかとの差が、如実に表れているようにも感じます。

 

▼こちらもどうぞ!

www.michikusakun.com

 

(写真はグローバルフォトさん作・写真ACより)