道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

夏至は日が沈むのが一番遅い日じゃありません。その日は遅れてやってきます

f:id:michikusakun:20190626235723j:plain

 

夏至は日の沈むのが一番遅い日じゃありません。その日は遅れてやってきます。

夏至の1週間くらいあとですね。

 

夏至は、日の出から日の入りまでの時間が1年中でもっとも長くなる日であって、日没がもっとも遅い日ではありません。

これには、地球の公転軌道が楕円であることなど、かなりややこしい理由があります。

 

ともあれ、夏至は、太陽の南中時刻が日々遅くなっている時期に訪れます。

 

そんな時期に少しの間乗っかるかたち(という表現でいいのかな?)で、夏至が過ぎた後も、日の入りは少しづつ遅くなっていくというわけです。

 

では、今年(2019年)のもっとも日没が遅い日はいつになるのか?

調べてみましょう。

 

そんなときはこのサイトです。

keisan.casio.jp

 

地域を「東京」で入力。出ました。

 

今年は、6月29日が、もっとも日の入りの遅い日です。

時刻は、19時01分28秒です。

 

僕は日の長い季節が大好きなので、この日は勝手に祝日ですね。

缶ビールでも開けて、祝うことにしておきましょう。

 

ちなみに、当日の日の出は何時かというと、

朝の4時27分01秒ということになっています。

 

今年、日の出がもっとも早かった6月13日および14日(4時23分57秒)に比べると、すでに3分ほど遅くなっていますね。

 

つまり、夏至は日の出が一番早い日でもありません。

 

ところで、

「4時半を回る前に日の出。さすがにこの時期は早いな~」と、

以上を見て思いますでしょ?

 

よかったら6月の北海道に行ってみてください。

 

それも、なるべく東の方。

夜中の3時過ぎから空が白み始めます。

 

白夜の国にいるみたいな気分が味わえますよ。

 

たとえば、上記のサイトに「羅臼」と入れて計算させてみます。

知床半島の羅臼です。

 

すると、

今年一番早い日の出は、6月16日ですね。

時刻は、3時34分40秒です。

 

「知床旅情」という古いヒット曲がありますね。

 

その歌詞に、はるかクナシリに白夜はあける ―――と、いうくだりがあります。

これって、現地にいるとさほど大げさにも思えないんです。

 

キャンプなんかして朝を迎えると、どこか神秘的な感じにもなりますね。

 

「おお、アイヌモシリの朝よ―――」

(静寂なる人間の大地の朝よ)

 

野宿派のツーリングライダーに、そんな経験をしている人は多いんじゃないでしょうか。

 

www.utamap.com

 

▼こちらもどうぞ! 

www.michikusakun.com

 

(写真はららららさん作・写真ACより)