道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

「都民共済」。今年(2019)は2万4千円を支払って、約7,600円が戻ってきました

f:id:michikusakun:20190718224604j:plain

 

僕は都民共済に加入しています。

「生命共済」です。

これに加入していると、1年に1度、掛金の3割くらいの結構な額が戻ってきます。

返戻金 (へんれいきん)です。

 

 

今年の返戻金は約7,600円

 

その返戻金、

今年は 7,593円 となりました。

8月初めに僕の口座に振り込まれます。

 

一方、過去1年間に僕が払い込んだ共済掛金(保険料)は

24,000円 でした。

掛金月々2,000円 × 12ヶ月分 = 24,000円です。

 

この24,000円のうち、8,793円が、

まずは今年の割戻金となりました。

 

ですが、このうち1,200円が、出資金としてまた共済側に戻っていきます。

共済加入者は、立場としては組合員ですので、こうして「出資」をするんです。

 

つまり、

8,793円 - 1,200円 = 7,593円 と、なりまして、

この7,593円が、さきほどに繰り返しますが、

来月、僕の口座に振り込まれます。

 

昨年の返戻金は?

 

なお、昨年は8,179円が振り込まれています。

今年は若干減ったわけですね。

それでもありがたいことです。十分に。

 

これらの金額は、共済の1年分の事業決算にもとづいて決められます。

いわゆる剰余金が、割戻しされるわけですね。

 

決算の対象期間は、4月1日~3月31日です。

今回の場合、2018年4月1日~2019年3月31日となっています。

 

すなわち、2018年度は、

素直に考えれば、共済金が増えたということなんでしょう。

 

共済金とは、保険金のことです。

 

亡くなったり、病気になったり、いろいろあった方々に支払われる保険金が、今年度は前年度よりも多かったということなんでしょう。

 

ちなみに、僕は加入していませんが、

「火災共済」(新型火災共済)の方では、今年度の割戻金は前年度に比べ、おそらくもっと減っているんじゃないでしょうか。

 

「2018年度は自然災害が多発したため多くの共済金をお支払いしました。その結果、新型火災共済の割戻率はご案内の通りとなりました」

とのアナウンスが、

共済のサイトの中に見えています。

 

出資金もあとから戻ります

 

一方、さきほどの出資金、

折り返し共済に戻っていくかたちの出資金1,200円はどうなるのかというと、

これは基本、積み立てられているんです。

「出資」分ですからね。

僕の場合、加入以来もう期間が長いので、この出資分が合計2万5千円近くになっています。

これは、共済を脱退する際に戻ってきます。

もっとも、当面しばらく脱退の予定はありません。

 

入院1日1万円で月2,000円です

 

ところで、僕が加入しているのは、

都民共済の「生命共済・入院保障2型」です。

 

入院に手厚く、死亡についてはほとんど保障が無いに等しいかたちの「保険」です。

 

抜粋すると、

 事故入院 1日当たり1万円 (1日目から184日目まで)

 病気入院 1日当たり1万円 (1日目から124日目まで)

 死亡・重度障害 10万円

 

と、いったところ。

 

以上が、月2,000円で保障されるといったかたちです。

 

重度障害のケースだけがちょっと気になりますが、

僕には、僕が死んだあと、大金を残さないと生活に困るような身内も、そんな相手もいませんから、これでまったく十分です。

 

f:id:michikusakun:20190719120124j:plain

 

(写真はponpokoponさん作・写真ACより)