道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

夏の怪談シリーズ.2 「あいつが駅で睨んでる!」

f:id:michikusakun:20190804233402j:plain

 

私は麗奈といいます。

20代です。

大きな街で働いています。

 

いま会社が終って、飲み会の帰りです。

一人です。

 

実は、困ったことになってるんです。

変な人に付きまとわれているんです。

 

いま、私のいる場所は駅の構内です。

その人は、ついさっき、街の中で私に話しかけてきました。

 

40歳くらいの男の人。

酔っ払ってたみたいです。

 

私、無視したんです。

 

そうしたら、それが気に入らなかったのか、追いかけてくるんです。

 

あっ!来た!

 

いま、私は改札をくぐりました。

 

あ、あいつも来る。

改札を抜けてやってくる・・・!

 

急ごう!

急いで階段を駆け上がって・・・

 

私は電車に乗り込みました。

 

シューッと音が鳴って、ドアが閉まりました。

 

あいつは?

 

私は周りを見回しました。

 

ああ・・・ダメ。

いる!

隣の車両からこっちを睨んでる・・・!

 

逃げなきゃ!

 

こんなメチャ混みの車内を?

 

でも、

あっ!こっちに来る!

 

あいつ、人混みをかき分けて、こっちに向かってくる!

 

逃げなきゃ!

でも進めない!

 

みんな、怒らないで!

私、追いかけられてるんです!

 

そうだ、降りよう。次の駅で。

降りて、駅前でタクシーを拾おう。

タクシーで逃げよう!

 

電車が次の駅に停まりました。

 

私は飛び跳ねる勢いで電車を降り、プラットフォームへ駆け出しました。

 

もうすぐ、目の前に階段です。

早く降りて外に・・・急がなきゃ!

 

でも、高いヒールの足が・・・上手く走れない!

 

そのときです。

 

「痛い!」

 

私のノドに激しい痛みが走りました。

 

振り返ると、

あいつです!

 

あいつがいるんです!

 

ハアハアと息を切らして・・・

 

そして、手には私のちぎれたネックレスが・・・!

 

あいつ、私を必死で追いかけてきて、

ネックレスを掴んだんです!

 

そして・・・憎たらしいこの男!

 

「あ、切れた。ごめん」

 

ヘラヘラ笑いながら・・・赤い顔で!

 

「ヘヘ、ごめん」

 

許せない!

もう、絶対に許せない!

 

「あなた何なの!」

 

私は怒りの声を上げました。

男に詰め寄りました。

そして、全身全霊の力を込めて、この男が持っていたカバンをひったくったのです!

 

私はそれを放り投げました。

 

カバンは宙を飛び、プラットフォームを滑り、線路へ・・・

 

混み合ったその場所にいるすべての人が、唖然とした顔で私を見つめていました。

 

線路に落ちたカバン。

 

すると・・・えっ!

 

ああ!

なんてバカなの!

 

あいつ、フラフラとカバンを追いかけて、飛び降りてしまったんです。

線路に!

 

「危ない!」

 

誰かが叫びました。

 

「停止ボタンを押せ!」

 

だめです・・・!

間に合いませんでした。

 

あいつは、猛スピードで迫ってきていた通過列車にはねられました。

ドーンと、にぶい音。

嫌な音!

 

即死です。

 

ああ、私は、

私は・・・

突然話しかけてきた相手を無視しただけなのに・・・

 

とんでもない事件に巻き込まれてしまいました。

 

私は警察に呼ばれ、事情を聞かれました。

 

プラットフォームにいた人みんなが、自分の見た状況を詳しく話してくれたそうです。

 

よかった。

私は罪には問われませんでした。

 

でも、嫌な事件!

本当に嫌な事件!

 

早く忘れてしまいたい!

 

会社は私に1週間の休みをくれました。

 

休み明け、私は心と体にムチ打つような思いで、仕事に復帰しました。

 

それからひと月くらい経った頃のことです。

 

朝の通勤電車の中で、私は心臓の止まるような思いをさせられることになりました。

 

信じられない・・・!

あいつです。

死んだはずのあの男に、私はまた会ってしまったんです。

 

プラットフォームの人ごみの中から、あいつが、私を睨んでる!

また私を睨んでる!

 

電車が走り出しました。

 

あいつはプラットフォームにまだ立っています。

 

そうだ、人違いだ。

きっと人違いだ!

 

でも、そうではありませんでした。

 

その翌朝も、あいつはいるのです。

 

私が一人で暮らすマンションのある街の駅のプラットフォームに、あいつは一人で立っているんです。

 

そして、私を睨んでいる・・・!

 

幽霊?

まさか・・・

朝のラッシュの人ごみの中に?

 

もう、気が狂いそうでした。

私はその日、会社を早退しました。

 

あいつを見た駅ではもう降りたくない・・・!

 

ひとつ隣の駅で私は電車を降り、今度こその思いでタクシーを拾い、部屋に駆け込みました。

 

ドアを開け、急いで部屋に入り、鍵をかけ、

床に転がり込みました。

 

そのまま私は眠ってしまったようです。

 

目を覚ますと、窓の外は暗くなっていました。

時計は夜の9時を回っていました。

 

真っ暗な部屋の中で、私は立ち上がりました。

 

「頭がおかしくなってるんじゃ・・・」

独り言をつぶやきました。

 

「そうだ。何か食べなきゃ・・・」

 

その時です。

玄関で音がするのです。

 

カチャカチャと、鍵をいじる音です。

 

サッと、身の毛がよだちました。

 

全身にゾッと鳥肌が立ちました。

 

(誰・・・!)

私は忍び足で、ゆっくりと玄関へ近づきました。

 

ドアスコープを覗いてみました。

 

息が止まりました。

 

あいつです!

 

あいつがいるのです。

 

なんで?

なんで?

なんで?

 

死んだはずなのに・・・!

 

私は思わずその場に座り込みました。

 

カチャカチャと、鍵穴に何かを突っ込むような音が、まだ鳴っています。

カチャカチャ・・・カチャカチャ・・・

 

逃げなきゃ!

 

部屋は3階です。

ベランダに出て、飛び降りる?

 

まさか、私が死んじゃう!

 

だったら、隣の部屋に?

防火壁を蹴破って?

 

その時です。

 

カチャカチャと鍵をいじるような音が、突然止みました。

 

次の瞬間です。

 

ああ、どうして!

ドアがギイ、と鳴りました。開かれてしまったのです。

 

その時、私はとんでもないことに気がつきました。

 

ああ、忘れている・・・

チェーンロックが・・・ロックがかかっていない・・・!

 

ゆっくりと開いていくドア。

 

私は覚悟を決めました。

そっと歩き出しました。

 

その先にキッチンがありました。

 

部屋の中は真っ暗です。

でも、ここは勝手知った私の部屋なのです。

 

キッチンには大きな引き出しがあります。

私は、それを静かに開け、中から包丁を取り出しました。

 

その包丁を私は両手に握り締めながら、玄関へ向かいました。

 

ドアはもう完全に開いています。

真っ黒な男の影が立つのが、そこに見えていました。

 

私は床にしゃがみ込みました。

 

男が中に入ってきました。

 

闇の中、手で壁を探っているようです。

 

明かりのスイッチを探しているのです。

 

(いまだ。行こう!)

 

私は立ち上がりました。

同時に駆け出し、黒い影に向けて、思い切り体を飛び込ませました。

包丁を突き刺しました。

 

刃渡り約18センチの包丁です。

 

あっけないくらいに、深く、深く、男のみぞおち辺りに刺さっていきました。

 

そして、そのとき私には判ったのです。

 

ああ・・これは、

幽霊でも幻でもない!

 

たしかにここに人間がいる・・・!

 

包丁を握った両手に、私ははっきりと人間の体温と肉の手応えを感じていました。

 

私は、この晩、殺人犯になりました。

 

私に刺され、殺されたのは、あいつの弟でした。

駅で電車に轢かれて死んだあの男には、双子の弟がいたのです。

 

弟は、兄の復讐をしようと、私の部屋の場所を調べ、通勤経路も調べたうえで、嫌がらせをしに来ていたのです。

 

警察は私に同情してくれました。

 

でも、遅かった・・・

 

私は人を一人殺してしまいました。

いえ、もしかしたら、二人殺してしまったということになるのかもしれません。

 

ああ、でも、

でも・・・

 

私がいま本当に苦しめられているのは、そんなことじゃないんです。

 

いま、私をもっとも苦しめているもの・・・

 

頭が壊れてしまいそうなくらい、私を悩ませている問題って、そんな程度のことじゃないんです。

 

私はいま拘置所にいます。

 

その窓から、毎晩、私は覗かれているんです。

誰に?

 

あいつらです。

 

ほら、いまもいる!

あの兄弟が、私を睨んでいるんです。

 

小さな窓の外から、毎晩、毎晩、

私を睨みにやって来るんです!

 

おかしいでしょ?

おかしくありませんか?

 

だって、言ったじゃないですか。ここ拘置所ですよ!

 

しかも、この部屋は地上5階にあるんですよ。

 

窓の外には手すりの1本さえ付いていないんです!

 

そこには、人なんか、

立てるはずがないんです・・・!

 

------------------------------------------------

この夏の怪談シリーズは、僕が30代の頃、オーディオドラマ用に頼まれ、書いたものです。もともとはセリフと「ト書き」で構成された脚本です。

なお、当時、著作権を引き渡す内容の契約はしていません。

先日、紙の原稿がひょっこり出てきたので、短編小説風に直して、ここに載せることにしました。

ちなみに、この「あいつが駅で睨んでる!」は、携帯電話がまだそれほど普及していない時代が背景になっています。

なので、現在ならば、麗奈は追いかけられながら誰かに電話することもできたはず。そんなポーズを演じることもできたはず。

たったひとりで、殺人者になるまで追い詰められずに済んでいたのかもしれませんね。

------------------------------------------------

 

(写真は写真にkiss! x7さん作・写真ACより)