道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

気合の「五分刈り」と引き換えに、20分で大先輩の人生を語ってもらっちゃいました!

f:id:michikusakun:20180907170241j:plain

 

上の写真、なんだと思いますか?

 

ガハハハ。

僕の頭です。

 

つい先日、五分刈りに刈ってきたのです。

 

刈る前は、耳が隠れるくらいのなんとなくかわいい(?)ヘアスタイルでした。

 

ばっさりと切っちゃいました。

 

僕が自分の会社をつぶして、もうすぐ1年です。

でも、いまだに借金も減らず、さっぱり再浮上のきっかけがつかめません。

 

そうした中、

北海道の地震のニュースをネットで観ていると、

 

「何やってんだお前は! 坊主にでもして気合を入れ直してこい!」

 

そんな、昭和な怒声がいきなり頭の中で響き出し・・・

 

早速、床屋へ行ってきました。

 

床屋さんは20年近くぶりですね。

いつもはチャラチャラと、おしゃれな美容室です。

 

刈ってくれたのは、75歳を超えたベテランの床屋さんでした。

 

刈るだけ。

ほかはナニも無しで、20分でサッとやってもらっちゃいました。

 

聞くと、

「高校を出てから60年近くこの仕事をしているよ」

と、いうことでした。

 

しかも、そもそも育ったご自宅が床屋さんだったとのことで、お父様のご命令により、さらに幼い頃よりお店を手伝っていたそうです。

 

「学校が休みの日は店で働かされるので、友達と遊べないのが悲しかった」

とのこと。

 

やがて高校を出ると、

「当然だがお前は床屋になるんだ」

と、いうことで、早速、他のお店に住み込みの修行に出されたそうです。

 

しかも、そこでも容赦なくこき使われたのだそう。

 

「休日は用事をつくって朝から下宿を逃げ出さないと、修行先のご主人の子どもたちの自転車の磨き上げまでやらされる」

 

なんとも理不尽な環境だったそうです。

 

そんな経験があってか、

「自分の子どもには、仕事の手伝いはさせなかった」とのこと。

 

わかります。わかります。

 

概ねわれわれの親世代が成人したあたりから、世の中はそんな風に変わったはずです。

「子どもは学業優先。家業の手伝いで疲労させるなんて前時代の話だ」と。

 

でもこの方は、いまはそのことを

「ちょっと後悔している」のだそうです。

 

「大学なんか出て、そこでいきなり社会を知るよりも、私のように、子どものうちから親の仕事を手伝うことで世間を垣間見ておいた方が、多分、心の準備が出来てよかったんだろう」

 

最近はそう思うようになってこられたんだそうです。

 

たしかにそれもいえるなあ、と思いました。

 

思いながら、

「で、子どもさんはいま何を?」

と、訊くのは遠慮しておきました。

 

70代半ばの方が、子どもさんのことを反省気味に話す場合、その子どもさんが40代ニートだったりすることが最近はよくありますのでね!

(ただし、僕自身はニート差別論者ではありませんよ)

 

さらに、人生の大先輩はこんなこともおっしゃっていました。

 

「わたしなんか実はまだまだで、80歳を超えている理容師もたくさんいるんですよ」

 

体を使う仕事ではあるものの、力仕事の必要はない。なので動ける限りはいつまでもできる。それが大きな理由なんだ―――と、いうことでした。

 

う~ん。なるほど。

 

しかも、理容師さん、あるいは美容師さんって、AIにも、取って代わられにくそうですもんね。

 

であれば、

たとえば、僕がいまから学校に通って、理容を学ぶ。

 

卒業して、60歳になる数年前に仕事を始め、ほどなく一人前になる。

(ここで「10年苦汁をなめて一人前だ」なんて、それこそ昭和の亡霊話はやめましょうね)

 

そして、85歳までそれが続いたとしたら・・・

 

なんと、ひと昔前のサラリーマンの生涯労働期間に肉薄ですね!

 

「サザエさん」に出てくる磯野波平さんは、聞くところによると54歳という設定で、かつてはまさに肩たたき(勧奨退職)手前の年齢ですが、

これが設定された時代の人生への見方って、僕らはホントに、きれいさっぱり頭から洗い流しておかないと・・・

 

これからはとんだ幸福を逃すことになるし、

あるいは、

とんだ不幸を招き寄せてしまうことになるのかもしれません。

 

おそまつ。

 

▼こちらもどうぞ!

michikusakun.hatenablog.com

www.michikusakun.com