本や漫画の話

「犬夜叉」を全部読んだぞ。いまごろ(笑)。3年もかけてにゃ(ネタバレ注意にゃぞ)

(上の絵はamazonにゃんから引用にゃ) この前、高橋留美子にゃんの「犬夜叉」を読破したにゃ。にゃはは。なんと、2019年から3年もかけてにゃ。 どういうことかというと、スマートフォンアプリの「サンデーうぇぶり」ってあるにゃんか? あれで、こつこつ毎…

「大兄」…とても好きな日本語にゃ。司馬遼太郎にゃんが開高健にゃんに贈った言葉にゃ

(上の画像は amazonさんより引用させていただいたにゃ) トラキチが日本語でもっとも好きな言葉のひとつにゃ。 それは「大兄」にゃ。「たいけい」と読むにゃ。 この言葉は、基本的には兄を指したり、あるいは肉親でなくとも年上の男性か、または同い年程度…

小説には、途中途中に「ナビ」を入れてやると、もうちょい売れるようになるんじゃないかな?

先日、このブログの記事を書くために、久しぶりに小説をひもときました。 小説というものを一冊まるまる読むのは、多分20年ぶりくらいのことです。 結果、生まれたのがこの2編です。 www.michikusakun.com www.michikusakun.com この「ねじれた町」に出会…

【ネタバレ注意】トラキチが勝手にアレンジした、眉村卓先生作「ねじれた町」についての補足にゃ

2022-06-23 前回の記事――「【ネタバレ注意】眉村卓先生の傑作ジュブナイル「ねじれた町」のストーリーを変えてみるにゃ」についての補足にゃ。 なお、これから本物の「ねじれた町」を読んでみたいという人、以下を読むといわゆるネタバレになるので、くれぐ…

【ネタバレ注意】眉村卓先生の傑作ジュブナイル「ねじれた町」のストーリーを変えてみるにゃ

2022-06-23 「ねじれた町」という小説があるにゃ。 昔々あった「ジュブナイル」と呼ばれていたジャンルの一作にゃ。書かれたのはこのジャンルの第一人者・眉村卓先生にゃ。 眉村先生といえば、’81年に映画化された「ねらわれた学園」が何といっても有名に…

僕はやはり「残念」だったと思う、スラムダンク最終盤で描かれた感動の展開

20代の終わりから30代初めの頃にかけて、 もっとも夢中になって読んだ漫画が「SLAM DUNK(スラムダンク)」でした。 単行本であとからまとめて読むのではなく、 ちゃんと雑誌連載を追いかけた、僕にとってはこれが最後の漫画です。 ただし、同じ世代でこ…

「李朝・暗行記」(皇なつき)…女真の戦士がかっこよすぎてこの1冊が手放せないにゃ

2022-04-03 トラキチが大好きなすばらしい漫画を1冊紹介するにゃ。 「李朝・暗行記」にゃ。 皇(すめらぎ)なつき にゃん作。 トラキチがこの本を買ったのは1993年にゃったかな。場所は新宿のルミネ1にあった青山ブックセンターにゃ。 もう、とにかくびっ…

日本の美人画作家として歴史に残したい。「感じさせてBABY」の大島岳詩先生

唐突ですが、僕はオタクではありません。 でも、オタクという人びとや文化が生まれた過程は、つぶさに見てきた世代です。 そして、その傍にもいました。 さすがに「ファントーシュ」は知らないものの、 アニメージュ アニメック ロマンアルバム 宇宙船 ふぁ…

ジョジョとドラゴンボールはどちらが人生の教科書にゃ?

2022-04-02 (上の画像は amazonさんより引用させていただいたにゃ) ジョジョとドラゴンボールはどちらが人生の教科書にゃ? 答えを先に言うにゃ。ジョジョにゃ。トラキチの中ではにゃ。 ちなみに、どちらの作品もトラキチはリアルタイムで読んでないんよ。…