道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

昔、韓国の若者に、「君、なぜ日本の旗を掲げていないんだ」と叱られた話

f:id:michikusakun:20190515125707p:plain

 

昔、韓国の若者に叱られたことがあります。

何で叱られたのか?

 

旗です。ハタ。

旗のことで叱られちゃったんです。

 

すると、やはり話題の旭日旗?

と、今ならなってしまうところなんですが、そちらではありません。

 

日の丸の方です。

日章旗ですね。

向こうの発音で書くと「イルジャンギ」です。イルジョンギとも聴こえますが。

 

韓国の25歳の若者に、

「君は自分の国の国旗を誇りに思っていないのか」という主旨でのお叱りをうけてしまいました。

 

もっとも、僕の方は当時24歳でした。

 

なので、イッコ年上のパイセンとして、その人――李君は、僕をたしなめたわけです。

 

場所は列車の中でした。

 

列車が走っていたのはオーストリアです。1990年のこと。

 

僕はバックパックを背負い、トーマスクックの時刻表を片手に握りしめながら、ヨーロッパ各国を旅している途中でした。

 

当時、韓国以外の海外で、韓国人に会うことって、かなり珍しかったんです。

 

なんてったってその前年でしたからね。韓国で海外旅行が自由化されたのは。

 

ただし、自由化されたからといって、あちらはまだいまの豊かな韓国のように普通の人が誰でも気軽に海外旅行に行けるような状況ではありません。

 

なので、

僕がインスブルックの駅で出会った李君とその仲間の男女3人も、皆、公務と留学でヨーロッパに滞在している人でした。

つまり、エリートでしたね。

 

そんで、そのエリートたちに叱られたんです。

一緒に乗り込んだウィーン方面行きの列車の中で。

「お前はダメなヤツだ」って。

 

きっかけは、彼らのうちの一人のもつカバンに韓国国旗が貼られているのを僕が話題にしたからでした。

 

ちなみに面白いハタでしたね。

裏がマジックテープになっているんです。

 

それを見て、僕が、

「それ、なんて発音するか知ってるよ。テグッキ(太極旗)でしょ」

 

するとあっちは、

「へえ、お前、発音よく知ってるな。すごい!」

 

と、そこまではよかったんですが、

「ところでお前のイルジャンギ(日章旗)はどこにあるの?」

 

「持ってないよ」

 

「え!持ってない?」

 

「持ってないよ。君らはみんな持ってるの?」

 

「当たり前だろう。国旗だぞ」

 

なんと、女性ひとりを除いて、男はホントに全員持ってるんです。

マジックテープのやつを。

 

そのうえで、

「お前、ダメだなあ。いま外国にいるんだぞ。国旗くらい持てよ。日本人としての誇りはないのか」

 

すっかり呆れられてしまったという次第です。

 

イヤハヤ、

これにはまったくもって、何と返したらいいのか、

 

「次回はそうするよ」と、言って恐縮するしかありませんでしたね。

 

もちろん、次回も(次の海外旅行でも)そうはしませんでしたが。

 

その後、彼らとは列車の乗換駅で別れ、僕は一人ザルツブルクへと向かいました。

 

別れ際、みんなで写真を撮ろうじゃないかと誘われ、

肩を組んで、ではなく、

グイグイ強引に組まれて、僕も記念写真に納まりました。

団塊世代的なスキンシップを感じましたね。

 

いまは彼らも50代。

 

ひょっとしたら、有名財閥だの政府だのの要職についていたりするのかもしれません。

 

と、いうわけで、

近年の旭日旗のああだこうだについては、話題になるたび、僕には以上の古い思い出がよみがえるんです。

 

あれから四半世紀以上が経ちました。

 

ちなみに、彼らのひとりは、なぜかおやつだとして「たくあん」を持参していましたね。

 

以下、おまけです。

 

「旭日旗はけしからん旗だ!オレの視界に掲げるな!」

 

「わかりました。はじめからそちらには行きませんから、安心してください」

 

「おっ・・・おう、こ、来んのかい」

 

両国の間には、多分、人情喜劇みたいなメンタルが存在しています。

 

「あんたがレーダー照射した、これが証拠や!証拠や!証拠や!」

 

「やかまし~っ!黙っとれ!黙っとれ!黙っとれ!」

 

「あ、こいつキレた」

 

「やかましわい!今日はこれくらいにしといたるわ!」

 

おそまつです。

 

(イラストは「かわいいイラストが無料のイラストレイン」さんより)