道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

「価値観が一緒」なんて、幸せな結婚のためには全然重要なことじゃない

f:id:michikusakun:20190519004803p:plain

「価値観が一緒の人と結婚したい」

 

若い皆さんにそんなこと言われて、

 

「そうか、いい人見つかるといいね」

 

と、笑顔で相づちを打ちながらも、実は心の中では「ケケケ」と笑いながら、

ホントはぜ~んぜん同意なんかしていないのが、

ワタクシというオトコです。

 

イヤなやつですね。

 

イヤついでに持論を述べましょう。

 

人生のパートナー選びのカギとして、

人それぞれがもつ「価値観」というものに重きをおくのならば、僕はこう考えた方がいいと思いますよ。

 

価値観の一致なんか重要じゃない。それよりも

 

・その相手の方のもつ「価値観」を

・あなたが優しく認めてあげる気持ちになれる

・そんな相手を選ぶといいよ

 

です。

 

価値観の一致なんて重要じゃないんです。

だって、結婚相手はビジネスパートナーじゃないんだから。

 

それよりは、

 

・ひょっとしたら自分と180度違っちゃってるかもしれない相手の価値観を

・それでもあなたがなぜか優しく包んであげたくなっちゃう

・そんな相手を見つけられた方がナンボか幸せですよ

 

と、いうことです。

 

あ、アナタ、いま連想しましたね。

そうです。

ネコやイヌなんか飼っている人は理解が早いと思います。

特にネコかな?

 

僕は、スーパーで一人で買い物をするとき、

賞味期限や消費期限の違う同じ商品が棚に並んでいたら、

必ず期限が一番迫っているものを買います。

 

なぜか?

 

かわいそうな気がするからなんです。その商品が。

「次に僕が捨てられる~!買って!助けて」

って、

豆腐やら納豆やらが泣いている気がして、仕方がないんです。

 

でも、彼女――愛人は違います。

僕がそんな商品を棚から取ろうとすると、

「またボンヤリして!」

って、叱られます。

「古いの取らないの!」

棚に戻されちゃいます。

 

そのとき、僕は何ていうか?

 

「ニャハハ、ごめん」

です。

 

価値観ですね。

 

同じ対価でどんなバリューを手にするかについて、

あるいは、

食品ロスが世の中の問題であるのならば、それを考えるべき主体は客なのかお店なのか、どちらなのかを判断するにおいて、

 

僕と愛人とはあきらかに価値観が違うんです。

 

でも、僕はそこもひっくるめて彼女が可愛いので、ぜ~んぶ認めてあげちゃうということです。

 

「不二子ちゃん、キビしいんだわぁ」

ですね。

 

よかったら参考までに。

 

もっとも、

人間の幸福に、一律の答えなんてものはありはしません。

 

価値観や人生の目的が高度に一致している、創業ベンチャーの社長と片腕みたいな夫婦も世の中にはたくさんいます。

幸せな生活をつかんでいる例も多いです。とりあえず外目には。

 

ただ、見ててちょっと思うのは、

父親と母親がそんな風だと、どうも子どもの方は疲れちゃってるケースが多い気がするなぁ。

 

親父と母ちゃんの価値観や人生の羅針盤が似たり寄ったりだと、子どもは逃げ場所がなくなって息が詰まるのかも。

 

そういう場合は、たとえば親戚に風来坊みたいなおじさんがいて、その子に別の生き方を見せてくれるとかだといいんだけど。

 

つまり寅さんですね。

 

僕は寅さんのような人生に憧れていますが、寅さんの貧乏な点にだけは憧れてないので、なんとか少しでも稼いでお金持ちになろうと、こんなブログも書いているわけです。

 

おそまつ。

 

(イラストは「かわいいイラストが無料のイラストレイン」さんより)