道草反省日記

誰かの反省、それはみんなのお役立ち

夏の怪談シリーズ.4 「彼を引きずり込んだ海」

f:id:michikusakun:20190811232326j:plain

 

私は由佳。

26歳の会社員です。

 

去年のことです。

ある男の人を好きになりました。

 

職場の先輩です。弘也さんといいます。

4つ年上の人です。

 

その弘也さんには、長年付き合っていた彼女がいました。

私はそのことを弘也さんと付き合い始めてから知りました。

 

相手はやはり同じ職場の人でした。

那美さんといいます。

 

弘也さんと同い年の人でした。

 

つまり、私はこの人から弘也さんを奪ったことになるわけです。

弘也さんは那美さんときちんと別れないまま、私との交際をスタートさせていました。

 

やがて、それを知った那美さんからは、私にしつこく電話がかかってくるようになりました。

 

「弘也さんと別れて」

「彼を返して」って。

 

私は断り続けました。

 

会社の帰り道、待ち伏せされたこともありました。

でも、私は彼女を相手にはしませんでした。

 

弘也さんは、仕事もデキる素敵な人でした。

絶対に譲るつもりなんかありませんでした。

 

そして、そのあと少し経った、去年の夏のことです。

 

2泊3日の職場旅行がありました。

 

行き先は海辺の町でした。

 

1泊目の夜、夕飯が終わったあと、私は那美さんに呼び出されました。

 

「一緒に来て」といわれ、連れて行かれた場所は、海のそばでした。

波打ち際に近い岩場でした。

 

日も沈み、空はそろそろ暗くなってきていました。

 

那美さんは、波が砕ける岩の先の方まで歩き、振り返って私に言いました。

 

「お願いだから彼と別れて」

「別れてくれないなら、ここから海に飛び込む」

 

呆れました。

彼女は私を脅そうというのです。

 

そこで、私は引導を渡すつもりで、彼女に、持参してきたあるものを見せました。

 

それは指輪でした。

弘也さんから先日もらったばかりの結婚指輪でした。

 

私は驚く那美さんの目の前で、それを左手の薬指にはめてみせました。

 

「もういい加減にしてください。死にたいなら勝手に死んでください。私の幸せの邪魔をしないでください!」

 

私はそう言って、砕ける波の音が響く中、彼女を一人残して旅館へと帰りました。

 

その夜のことです。

 

ちょっとした騒ぎになりました。

 

外が真っ暗になり、夜の9時を過ぎても、10時を過ぎても、

那美さんが旅館に戻らないのです。

 

(まさか・・・)

 

私はさすがに焦りました。

 

(海に飛び込むって言ってたけど、まさか、あの人本気で・・・!)

 

すると・・・

 いよいよ「捜索願いを出そうか」と、なった時でした。

 

とぼとぼと、那美さんが帰ってきたのです。

 

「おいおい、どこに行ってたんだ」

 

上司にそう訊かれても、那美さんはじっと無言でした。

 

きっと、胸に深いショックを抱えながら、あちらこちらを歩き回っていたのでしょう。

 

そんな事情は、誰にもわかりません。

私しか知りません。

 

ともあれ、そのときは、誰もがほっと胸をなでおろしました。

 

翌朝です。

 

雲ひとつない青空のもと、私たちはみんなで浜辺に繰り出しました。

 

那美さんの姿はありません。

 

きっと旅館に引き籠っているんだな、と、私は思っていました。

ちょっとかわいそうかな、と、少し胸が痛みました。

 

けれども、その方が、実は私にとっては好都合でした。

 

お昼になり、バーベキューパーティーが始まりました。

 

そこで、私と弘也さんは、職場のみんなに婚約を報告しました。

 

私たちはみんなの拍手に囲まれました。

 

とても幸せでした。

 

でも、これが最後でした。

私と弘也さんが過ごした幸せなひととき、これが永遠の最後でした。

 

突然のことでした。

 

「沖でボートがひっくり返ってるぞ!」

 

誰かが声を上げました。

 

私は咄嗟に振り向きました。

 

少し沖合で、ゴムボートが裏返しになっています。

 

弘也さんです。

 

弘也さんと、もうひとりの男性の同僚が乗ったゴムボートです。

 

弘也さんは?

 

見ると、海に投げ出されていました。

 

同僚の男性の方は、ゴムボートに掴まっています。

 

笑っているようです。

 

二人で何かふざけていて、うっかり転覆させてしまったのでしょうか。

 

ゴムボートはまたすぐに元通りにひっくり返されました。

 

でも、

「おや・・・」

 

おかしいのです。

 

弘也さんの様子です。

 

バタバタと暴れています。

 

ボートは目の前に浮かんでいるのに、弘也さんはたどり着けずにいるようなのです。

 

波のほとんど無い、穏やかな海面です。

 

弘也さんは泳ぎは達者です。

 

それなのに、必死でもがいています。

 

しかも、それだけではありません。

 

弘也さんの体は、なぜかゴムボートからぐんぐんと引き離されていくのです。

 

それに気づいた同僚が、ボートを必死で押しながら、バタ足で弘也さんへ近づこうとするのが見えます。

 

それでも、どうしても追いつけないのです。

 

弘也さんは、どんどん沖の方へ、何かに引きずられるかのように、ボートから離れていくのです。

 

私は叫びました。

 

「弘也さん!」

「誰か助けて!」

 

浜辺は大騒ぎになりました。

 

次々と、浮き輪を持って、男性たちが海に飛び込んでいきます。

 

弘也さんの声です。かすかに聞こえてきます。

 

「助けて!」

「足が!」

 

それから数十秒も経たない、ほんの短い間のことでした。

 

弘也さんの体は、あっけなく海中に消えてしまいました。

 

変わり果てた彼の遺体が近くの岩場で発見されたのは、その日の夕方、日が沈みかけてからのことでした。

 

そこではさらに恐ろしいことが起きていました。

 

身の毛もよだつような出来事でした。

 

打ち上げられた遺体は、1体ではなく、2体でした。

弘也さんだけではないのです。

 

彼の下半身、腰から下にしっかりと両手を絡みつかせながらしがみついている、もうひとつの遺体がそこにはあったのです。

 

不気味に青白く染まったその遺体は、女性のものでした。

 

那美さんです。

 

朝から姿を消していた那美さんが、どういうわけか、死体となって弘也さんの体に絡みついているのです。

 

女性社員が二人、その場で失神したくらいの恐ろしい情景でした。

 

ですが、とても不思議なことがひとつだけありました。

 

那美さんの表情です。

 

遺体となった那美さんの顔は、なぜかとても幸せそうでした。

 

彼女は、にっこりと、天国にでもいるかのように、満足げに微笑んでいるのでした。

 

数日して、亡くなった二人の奇妙な検死結果が報告されました。

 

弘也さんの死亡推定時刻、それはたしかに間違いなく、あのバーベキューパーティーが終わったあとの午後でした。

 

ところが、那美さんの方は違うのです。

 

遅くとも、その前の日の晩に、彼女は亡くなっているはずだというのです。

 

その時刻は・・・

なんということでしょう。

 

私が波の打ち寄せる岩場で彼女に指輪を見せた、まさに、あの直後なのでした。

 

------------------------------------------------

この夏の怪談シリーズは、僕が30代の頃、オーディオドラマ用に頼まれ、書いたものです。もともとはセリフと「ト書き」で構成された脚本です。

なお、当時、著作権を引き渡す内容の契約はしていません。

先日、紙の原稿がひょっこり出てきたので、短編小説風に直して、ここに載せることにしました。

ちなみに、この「彼を引きずり込んだ海」は、スマートフォンがまだ存在しない時代が背景になっています。

現在ならば、那美は、電話ではなくSNSやメールで、由佳に「彼と別れて!」と、訴えていたかもしれません。

ちなみに、那美の名前は「波」にかけています。

性格は暗いけれど、一途で哀しいところが気に入っていて、僕は自分で書きながら、この話が結構好きです。

------------------------------------------------

 

(写真はMIXANさん作・写真ACより)