道草猫の反省日記

誰かの反省が、みんなの役に立つにゃ!

「説明責任を果たしなさい」なんて言うから、ちゃんと説明してもらえないんにゃ

f:id:michikusakun:20201123043700p:plain

 

トラキチが昔から「マヌケだにゃ~」と、思っている言葉をひとつ挙げるにゃ。

 

それは「説明責任」にゃ。

 

国会議員さんが議論するときや、問題を起こした人が責められるときによく使われるよにゃ?

 

「説明責任を果たしなさい」って。

 

これ、間抜けな言葉にゃぞ~

 

何がマヌケかって、こんな言い方をするから、相手にマトモに「説明」をしてもらえないんにゃ。

 

こんな言い方してるから、話がいつものれんに腕押しになるんにゃ。

 

その辺って、多分みんな昔から気づいていなんだろうにゃ~と、トラキチは思ってるにゃ。

 

じゃあ、「説明責任を果たしなさい」と言わずに、どう言えばいい?

 

簡単にゃ。「説明しなさい」でいいんよ。

 

あるいは、丁寧に「ご説明ください」でいいんよ。

 

その理由をいまから簡単に説明(←笑)するにゃ。よ~く聞いてにゃ。

 

まずは「説明責任を果たしなさい」という言い方にゃ。

 

ハイ、これ、動詞はどこにあるにゃ?

 

そうだよにゃ。「果たしなさい」のところにあるよにゃ。

 

にゃので、「説明責任を果たしなさい」という場合、動詞は「果たす」になるんよ。ここ、理解できるにゃ?

 

で、このとき、「説明責任」の方はどうなってるかというと…

 

この場合、「説明責任」は「果たす」に対する目的格にゃろ? つまり名詞にゃろ?

 

そうなんにゃ。

 

「説明責任」という言葉には、「説明する」という動詞が本来含まれているんにゃけど、それが「説明責任」という四文字にパッケージされることによって、名詞化しちゃってるんよ。

 

これがマズいんよ。と~ってもマズいんにゃ!

 

なんでか?

 

端的にいうにゃ。

 

「説明責任を果たしなさい」

 

この要求に対しては、なんと、ノーコメントが回答になりうるんにゃ。

 

どういうことかというと、たとえばにゃぞ、「説明責任を果たしなさい」に対して、相手がこう答えたとするにゃ。

 

「そのことについては記憶にありません」

「お答えできる立場にありません」

「わたしにはわかりません」

 

これ、ぶっちゃけ、全部正しい答えになるんよ。

 

なぜって?

 

「責任」の方は十分に「果たして」いるにゃんか。

 

「説明」してないけど、「説明責任」はなんとなく果たしてるにゃろ? 発言することで。

 

「記憶にない」「答えられない」と、答えることで、この人、説明自体は何もしていないけど、アクションだけはし終えているにゃん。

 

アクション、つまり「果たす」の部分にゃ。

 

どうにゃ?「果たしてる」にゃろ?

 

ハイ、これにゃ。

 

これが、言葉の中で動詞を名詞化させて、そのうえで動詞の位置をズラすことの非常にマズい結果なんにゃ。

 

にゃんで、「説明責任を果たしなさい」をやめて、単純にこうしてみるとするよにゃ。

 

「説明しなさい」

 

これに対して、

 

「記憶にありません」

「お答えできる立場にありません」

「わたしにはわかりません」

 

なんて答えるとするよにゃ?

 

ホラ、雰囲気かなり違って来にゃい?

 

「説明しなさい」

「それはできません」

 

これって、アクションそのものを拒否することになってるよにゃ? 要はケツをまくるかたちにゃろ?

 

つまり、こちらでは、さっきの「果たす」ではなく、「説明する」が、求められるアクションになっているから、そうなるわけなんにゃ。

 

にゃので、この場合の「記憶にない」「答えられない」は、さっきの場合とは違って、まさに「説明していない」わけにゃから、アクションとして認めてもらえないんよ。

 

すると、追及された方は逃げ場を失うよにゃ?

 

これが、言葉の中で動詞を安易にずらさないことの効用にゃ。動詞を安易に名詞化しないことのメリットなんにゃ。

 

にゃから、「任命責任」なんて言葉も同じにゃぞ。

 

「任命責任は総理にあると思います。いかがですか?」

「ハイ、任命責任は私にあります。以後気をつけます」

 

で、終わりにゃろ?

 

任命責任、なんてマヌケな言葉を使うからにゃ。

 

そうじゃにゃくて、

 

「なぜ、総理はあの方を大臣に任命したんですか?」

 

の方が、総理はずっと答えにくいにゃろ?

 

「ええと…(オレの顔見て大人の事情察してくれ~)」の世界だよにゃ?

 

つまり、前者の「任命」は「任命責任」なんて言いくるめられて名詞化しているけれど、後者の「任命」はナマな動詞のままにゃ。

 

なんで、こうなるんにゃ。

 

以上、名詞化しなくてもよい動詞をわざわざ名詞化し、そこに動詞をくっつけて言葉をぼんやりしたものにする…

 

要は、動詞の位置をズラす…

 

これ、世の中につまらないスピーチややりとりを増やしている元凶でもあるという話にゃ。

 

(イラストは「かわいいイラストが無料のイラストレイン」さんからお借りしているにゃ!)